2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

マスラオ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GNX-U02X マスラオ(磨修羅生/Masurao)[編集]

アロウズ擬似太陽炉搭載型モビルスーツ。名称は「磨修羅生」とも表記される。
元々はビリー・カタギリがアヘッドをベースに開発されていた試作実験機だったが、パイロットがミスターブシドーとなった事でオーバーフラッグをベースに再設計された。

地球連邦軍の次期制式主力機候補の一つでもあり、擬似太陽炉搭載機でありながらトランザムシステムを使用可能である事が最大の特徴。これは、レイフ・エイフマン教授の遺した解析データからビリーが自ら実証したものである。これによってソレスタルビーイングのガンダムとのアドバンテージがさらに縮まる事となった。

頭部の大型クラビカルアンテナと両腰のバインダーでX字型を形成しているが、これはジンクスから引き継がれたもの。空中で格闘戦を行う際に高い効果を発揮したというのが理由で、後の系列機でもそのまま採用されている。

完成後も更なる改良が加えられ、名称も「マスラオ」から「スサノオ」に改められている。
ちなみに、本機のベースとなったオーバーフラッグはかつてダリル・ダッジが搭乗していたものであり、頭部装甲の下にはフラッグの頭が存在している。

しかし、ブシドーの要求を叶える為に近接戦闘に特化している為、ベース機であるオーバーフラッグの可変機構は廃止されている。

また型式番号の「U02X」はユニオンのGN粒子系技術検証用試作機番号でO1XがGNフラッグである事からGNフラッグに続く機体でもある。

小説版では全編通して前述の漢字表記であり、どうやらこれが正式名称のようである。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
パイロットはミスター・ブシドー
開発当初はアヘッドをベースにしていたが、ブシドーからの依頼を受けるにあたって一度白紙に戻され、フラッグをベースとした機体として完成した。
その後、アフリカタワー付近にて刹那・F・セイエイの駆るダブルオーライザーと交戦するが決着はつかず、撤退している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランザムシステム(TRANS-AM)
元々はオリジナルGNドライヴのブラックボックス内に組み込まれていたシステムで、機体各部のGNコンデンサー内に蓄積している高濃度圧縮粒子を全面開放する事で機体性能を通常の3倍以上に引き上げるというもの。ただし、限界時間がある上、使用後はしばらく性能が大幅にダウンしてしまうという短所もある。
本機はビリー・カタギリレイフ・エイフマンの遺した資料を基に実証した事で、擬似太陽炉搭載機では初めて使用可能となったが、ソレスタルビーイングのガンダムに搭載されているトランザムシステムとは違い、一度起動すれば疑似GNドライヴが焼き切れて停止状態となってしまう。その為、使用後にはGNコンデンサーに帰投用の粒子を残すように設計されている。
GNフィールド
両肘と両肩にある突起から形成されるGN粒子のバリア。
この突起は姿勢制御用のバーニアの役割も兼ねている。

武装・必殺攻撃[編集]

レーザー機銃
頭部に2門内蔵されている武装。威力は低めで、主に牽制等に使用される。
GNバルカン
胸部に2門内蔵されている速射式の小型ビーム砲。こちらも主に牽制などに使用される。
GNロングビームサーベル「ハワード」
本機の主兵装で、こちらは左手用。高出力のビーム刃を発生させ、攻撃力を向上させている。名称はかつての部下の一人であるハワード・メイスンの名が冠されている。
GNショートビームサーベル「ダリル」
本機の主兵装で、こちらは右手用。「ハワード」より刃渡りの短いビーム刃を発生させる。こちらの名称はかつての部下の一人であるダリル・ダッジの名が冠されている。
ビームチャクラム
頭部アンテナの間からリング状のビームを発生させ、射出する事で敵機を攻撃する。

対決・名場面[編集]

ダブルオーライザー

関連機体[編集]

スサノオ
ブレイヴ一般用試験機
後継機。
ブレイヴ指揮官用試験機
オーバーフラッグ
ベース機
ユニオンフラッグカスタムII
アヘッド

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]