GNフィールド

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GNフィールド(GN Field)[編集]

機体の周囲に圧縮したGN粒子を展開する事によって形成される粒子バリア。

圧縮したGN粒子を高速対流させるという単純な原理だが、粒子ビーム兵器や実弾兵器、近接武装による攻撃を防御する事が可能で、これを展開する事でMS単独での大気圏突入も可能となる。しかし、粒子消費量が膨大な為、長時間使用する場合はあらかじめGN粒子をGNコンデンサーに貯蔵しておく等の対策が必要となる。

GNドライヴに対応した多くの機体は装甲や実体剣などの表面に薄膜のGNフィールド効果を付与させているため、防御力や切断力を向上させる事が可能。特に後者はそれ自体が対GNフィールドの対流に割り込めるため、対抗用の武装として非常に有効である[1]

なお、劇中ではGNソードでGNビームサーベルと鍔迫り合いを行うシーンが存在するが、これは刀身に定着したGN粒子が耐ビームコーティングの役割を果たしている為で、通常の実体剣で鍔迫り合いを行えば簡単に真っ二つにされてしまう。また、ビームサーベルの威力が高ければGN粒子を定着させていても折られる場合がある[2]

他にも、複数の粒子ビーム砲を収束して発射する場合に使用される事もある。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム00(1stシーズン)
基本的にはソレスタルビーイングのみが使用していた。
機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
ソレスタルビーイングの他にイノベイターイノベイド)の機体にも搭載されるようになった。
機動戦士ガンダム00外伝
基本的にはフェレシュテのみが使用していたが、西暦2312年頃にはイノベイター(イノベイド)の機体も使用している。
劇場版 機動戦士ガンダム00
ソレスタルビーイングや地球連邦軍で使用されている他、ELSが解析して使用している。

関連用語[編集]

GN粒子
GNドライヴ
GNドライヴ[Τ]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 粒子圧縮率を調整すれば粒子ビームでもフィールドを貫通できる
  2. 2ndシーズン1話にてエクシアリペアのGNソードは粒子定着率が下がったこともある為か、アヘッドのビームサーベルに対し一本には耐えたものの、2本同時の斬撃には耐えられず溶断されている