2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

アヘッド

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アヘッド
読み アヘッド
外国語表記 Ahead
登場作品
デザイナー 寺岡賢司
テンプレートを表示
スペック
分類 擬似太陽炉搭載型モビルスーツ
型式番号 GNX-704T
頭頂高 20.6m
本体重量 71.1t
主動力 擬似太陽炉
装甲材質 Eカーボン
開発組織 アロウズ
所属組織 アロウズ
主なパイロット バラック・ジニンアンドレイ・スミルノフ、他
テンプレートを表示

概要[編集]

アロウズ擬似太陽炉搭載型モビルスーツジンクスIIIをベースにした発展型の機体で、ソレスタルビーイングの第3世代型ガンダムを凌駕する性能を誇る。 旧人革連の技術者達が中心となって開発したと言われており、関節部に使用されているモーターはティエレンの物を踏襲しているとされる。設計には国連軍との決戦で鹵獲したガンダムキュリオスのデータも用いられている。

疑似太陽炉搭載機の新たなスタンダードを目指して開発され、あらゆる局面で高い性能を示すよう設計された「汎用機」である。高性能を追求した結果ガンダムに近い機体構造になっているものの、世論がガンダムに対して否定的である事を考慮してガンダムとはかけ離れた外見に変更された。 しかし、皮肉にもアロウズ解体後、本機は同部隊を象徴する機体であるという事で生産が中止されてしまった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
アロウズの隊長クラスやエースパイロットにのみ配備されており、地球連邦正規軍には配備されていない。
バラック・ジニンが搭乗し、刹那・F・セイエイの駆るガンダムエクシアリペアを圧倒する活躍を見せている。しかし、後にダブルオーライザーとの戦闘で撃墜された。終盤には中尉に昇進したアンドレイ・スミルノフも搭乗している。
劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
映画「ソレスタルビーイング」内にアロウズ所属機として登場。デザインが多少変わっている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

オートマトンコンテナ
腰部に装着されるオプション装備。内部に対人兵器「オートマトン」を搭載している。
このオートマトンはGNコンデンサーを内蔵した新型で、蓄積されたGN粒子を使って稼働する。
ブースター
長距離移動の際に用いられるオプション装備。アンドレイ機が使用している。

武装・必殺攻撃[編集]

GNバルカン
頭部に2門内蔵されている速射式の小型ビーム砲。主に牽制などに使用される。
GNビームライフル
本機の主兵装。威力、射程がジンクスの物より高い。側面にはGNコンデンサーが取り付けられている。不使用時は脚部にマウント可能。
GNサブマシンガン
GNビームライフルからバレルとGNコンデンサーを取り外した武装。威力と射程を低下させる代わりに連射性を重視している。
GNビームサーベル
両肩に1本ずつ格納。
NGNバズーカ
粒子撹乱された状況下での使用を想定して開発された射撃兵装。先頭の「N」は「NO」を意味している。基本的には実体弾を発射する兵装だが、カートリッジの交換で粒子ビームも発射可能である。ジンクスIIIの装備していた物と同型で、ソレスタルビーイングとの最終決戦時に使用している。
GNシールド
Eカーボン製の実体盾。表面にはGN粒子を定着させており、ビーム・実弾を問わず防御可能となっている。
大型ブーメラン
映画「ソレスタルビーイング」内で使用。背部に2分割してセットされており、合体させてから使用する。

対決・名場面[編集]

ガンダムエクシアリペア
アラッガジンクスIIIとともに交戦。いくら刹那の乗るガンダムとはいえ、整備の行き届いていない5年前の機体という事もあり性能差で圧倒し撃墜寸前まで追い詰める。

関連機体[編集]

アヘッド近接戦闘型
アヘッド脳量子波対応型
アヘッド強行偵察型
本機をベースとした派生機。
ジンクスIII (アロウズ型)
本機が上位機となってともに運用されることが多い。
ノーヘッド
次世代機候補として開発されていたが、アロウズのスキャンダルにより、開発が打ち切られてしまった。
ジンクスIV (一般機)
ジンクスIV (指揮官機)
次期主力機。本機の肩部スラスターなどが継承されている。
ガンダムキュリオス
ティエレン地上型
設計にあたって参考とされている。


商品情報[編集]

リンク[編集]