2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ノーヘッド

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノーヘッド
外国語表記 Neo-Hed
登場作品 機動戦士ガンダム00V
デザイン 寺岡賢司
テンプレートを表示
スペック
正式名称 ネオヘッド
分類
型式番号 GNX-Y802T
頭頂高 18.3m
本体重量 80.1t
主動力 GNドライヴ[Τ]
装甲材質 Eカーボン
開発組織 地球連邦軍
開発者人革軍技術者
所属 地球連邦軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要 [編集]

地球連邦軍擬似太陽炉搭載型モビルスーツ

次世代主力機候補の1機で、旧人革連技術者がアヘッドをベースに開発した。また、開発にはサキガケスマルトロンのデータも使用されており、それらと同型のビームサーベルや大型偏向スラスターが装備されている。

本機の最大の特徴は頭部が無い事で、これはセンサーを内蔵している上に破損率の高い頭部をあえて廃する事で戦闘力の低下を抑える為である。この為、センサー類は機体の各部に配置されている。

本来は「ネオ・アヘッド」を縮めた「ネオヘッド」と命名されるはずだったが、前述の特徴から現在の名称となった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00V
連邦軍の新たな主力機となるはずだったが、アロウズのスキャンダルが原因で一転して不採用となり、開発は十数機の試作のみで中断された。その後、上層部の命令でデボラ・ガリエナエイミー・ジンバリストが搭乗し、運用試験を行っている。この時、デボラは本機の性能を高く評価していたが、エイミーからは「頭がない機体はかっこ悪い」と不評であり、開発スタッフと取っ組み合いの喧嘩になってしまった。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

GNビームライフル
本機の主兵装。アヘッドの物をベースに改良を加え、銃口の下にビームサーベルを追加した。この為、銃剣としても使用可能。
GNビームサーベル
左脇に1本装備。サキガケの物と同型。
GNソード
サキガケのデータを基に開発された大型の実体剣。不使用時は左肩にマウントされているが、これはサキガケが左利きであった為。制式採用された際には右利き用も生産される予定であった。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アヘッド
ベース機。
アヘッド近接戦闘型アヘッド脳量子波対応型
テストベッド機。
マスラオスサノオ
次期主力候補の競合機。

商品情報[編集]

リンク[編集]