2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムプルトーネ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GNY-004 ガンダムプルトーネ(Gundam Plutone)[編集]

概要[編集]

ソレスタルビーイングが開発した太陽炉搭載型モビルスーツ
第2世代ガンダムに分類され、GNフィールドとGN複合装甲を採用している。また、胸部にはコアファイターが搭載され、万が一の場合でもGNドライヴとパイロットを回収する事が可能となっている。腰部にはGNコンデンサーを装備しており、GN粒子の大量消費にも対応できる。

名称の由来は西洋占星術で「審判」のタロットカードに結び付けられる冥王星。
また、本機の運用データは第3世代機であるガンダムナドレガンダムヴァーチェの開発にフィードバックされた。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00P
ガンダムマイスターシャル・アクスティカ
GNフィールドやGN複合装甲のテストに運用されていた。当初はトライアルシステムも搭載してのテストも想定されていたが、諸問題から搭載はされなかった。
その後、「プルトーネの惨劇」と呼ばれる事故を起こし、運用プランからは外される事となった。
機動戦士ガンダム00F
ガンダムマイスターはフォン・スパーク
フェレシュテにて保管されており、運用プランから外された為に第2世代機では唯一TYPE-F仕様へと改装されなかった。しかし、何度か実戦投入されており、最後はチームトリニティ0ガンダム及びGNドライヴ引渡し要請の際にフォンが本機で独断で出撃してスローネツヴァイと交戦し、大破。機体は自爆して失われ、コアファイターは無事に脱出した。
その後、コアファイターは同乗していたハナヨの操縦でプトレマイオスへ向かっている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

GNフィールド
GN粒子で形成されるバリア。様々な攻撃を無効化できるが、本機のそれは粒子制御技術が未熟であった為に防御力がそれほど高くない。
GN複合装甲
GNフィールドの代替案として採用されている技術で、装甲の内部にGN粒子を充填させ、防御力を向上させるというもの。GNフィールドと比べて防御力は高くないが、制御しやすいという利点がある。
分離
コアファイターに分離する。
「コアファイターでは生存率が低くなる。もっと戦闘力は高くないと、生き残れない」という考えからナドレが誕生した。

武装・必殺攻撃[編集]

GNビームライフル
本機の主兵装。
後にスコープ等に改良が施されてナドレに装備されている。
GNビームサーベル
脚部に2本マウントしている格闘戦用の武装。
GNシールド
防御用の実体盾。
これも後にナドレ用に改良された。
自爆
コアファイター分離後、機体を自爆させる。

対決・名場面[編集]

フェレシュテ初ミッション
ソレスタルビーイングの基地の場所を嗅ぎ付かれないように、組織と関係ない場所で大暴れする、フェレシュテのファーストミッション。
フェレシュテの管理官シャル・アクスティカフォン・スパークアストレアTYPE-Fでの出撃を命じる。だがシャルがプルトーネと因縁がある事に気づいていたフォンはそれを断り、偽装の施されていないプルトーネで出撃する。世界をガンダムの力で変える為にフェレシュテに参加したフォンは、彼の台詞にあるようにシャルを「変える為」に、プルトーネで出撃したようだ。
余談だが、シャルはこの後、だんだんソレスタルビーイングに参加した頃の様な人間らしい感情が戻っていき、彼に心惹かれるようになる。

関連機体[編集]

ガンダムプルトーネブラック
イノベイター勢力が開発したデータ収集用のプルトーネ。
フォン専用ガンダムプルトーネ
フォンが自分用に改修した機体。
0ガンダム
プルトーネを含む第2世代ガンダムの原型機。
ガンダムナドレガンダムヴァーチェ
後継機。

商品情報[編集]

リンク[編集]