機動戦士ガンダム00P

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
機動戦士ガンダム00P
文章 千葉智宏
キャラクターデザイン 羽音たらく
出版社 アスキー・メディアワークス
レーベル 電撃ホビーブックス
掲載誌 電撃ホビーマガジン
掲載期間 2007年12月号~2009年12月号
巻数 全4冊(ムック版)
全2冊(単行本版)
テンプレートを表示

概要[編集]

模型誌「電撃ホビーマガジン」に掲載されていた作品で『機動戦士ガンダム00外伝』の内の1つ。メカニック解説や模型作例によるジオラマを用いたショートストーリーが展開される。

機動戦士ガンダム00F』及び『機動戦士ガンダム00V』と同時に展開された作品で、本作は『機動戦士ガンダム00』本編の前日談にあたる作品で、本編の15年前であるファーストシーズンと本編の5年前であるセカンドシーズンの2部構成となっている。本作の一部の機体・キャラクターは『00F』や『00I』にも引き続き登場している。

ストーリー[編集]

西暦2307年にガンダムによる武力介入を開始した私設武装組織ソレスタルビーイング

それから遡る事、15年前。ソレスタルビーイングの第2世代ガンダムマイスターに選ばれた4人の若者達は、イオリア・シュヘンベルグの武力根絶と理念に共感し、最新鋭モビルスーツ「ガンダム」の開発に自分達の青春をかけた。これは彼らの青春と悲劇の物語である。

登場人物[編集]

ソレスタルビーイング[編集]

シャル・アクスティカ
ファーストシーズンの主人公であるガンダムプルトーネのマイスター。パワーローダーによる競技で優秀な成績を残した事からCBにスカウトされた。友人に「ラブスパイラル」と命名される程の恋愛脳の持ち主。ファーストシーズンではフェルト・グレイスの名付け親となり、充実した日々を送っていたが……
ルイード・レゾナンス
ガンダムアストレアのマイスター。技術者でかつ高い操縦技術を持っていた事からヴェーダによってCBにスカウトされる。パイロットの腕は人並み以上だが、人との戦いに積極的ではないため、敵機の撃墜後に精神的に追い詰められる事もあった。途中、マレーネと恋愛関係になり、ファーストシーズンの後半で彼女と結婚。一人娘のフェルト・グレイスを授かる。
マレーネ・ブラディ
ガンダムアブルホールのマイスター。元重犯罪者であり、ガンダムのテスト中以外は鉄格子の中に拘束された状態で置かれている。思想的に多くの問題をはらんではいるが、パイロットとしての技術は高い。後にルイードと結婚した。
ガンダムマイスター874
ガンダムサダルスードのマイスター。10代前半の少女で、コード番号の「874」で呼ばれるが本名は不明。モニター越しにメンバーの前に姿を現す謎多き人物。
グラーベ・ヴィオレント
セカンドシーズンの主人公であるガンダムラジエルのマイスター。主に情報収集や情報操作、CBのリクルーティング等を担当する。
ヒクサー・フェルミ
GNセファーのマイスター。陽気な性格で組織のムードメーカー的存在だが、女たらしでもあり、ナンパする事も度々ある。そんな彼だが、セカンドシーズン後半のある一件が彼を変える事となる……

人類革新連盟 (人革盟)[編集]

デルフィーヌ・ベデリア
ティエレンチーツーの後部座席を担当するパイロット。プライドの高い性格からレナードにきつく当たってしまうが、超兵の在り方で悩む心優しい一面も持ち合わせている。
レナード・ファインズ
ティエレンチーツーの前方座席を担当する少年パイロットで、超人機関技術研究所から派遣された超兵。超兵としての能力はあまり高くはないが、それでも超兵としての役割を必死に全うしようとする。

イノベイター[編集]

ビサイド・ペイン
イノベイター主導によるイオリア計画を目論むイノベイター。

その他 [編集]

フォン・スパーク
後にフェレシュテのガンダムマイスターとなる人物。本作においては傭兵集団のリーダーとして登場する。
シェリリン・ハイド
後にフェレシュテのメカニックとなる少女。ある任務中にソレスタルビーイングのジョイス・モレノによって拾われ、イアン・ヴァスティに弟子入りしようとする。
エイミー・ジンバリスト
予備マイスター候補であるユニオンのMSパイロット。後に『00V』で地球連邦軍のエースパイロットとして活躍する人物だが、本作の時点ではMSの操縦が下手な一兵士であった。

登場メカ[編集]

ソレスタルビーイング [編集]

人革連 [編集]

AEU[編集]

イノベイター [編集]

用語[編集]

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 備考

関連作品[編集]

機動戦士ガンダム00P SPECIAL EDITION
2010年の00外伝機体のガンプラ化に合わせて「電撃ホビーマガジン」2010年6月号~10月号に掲載された作品。全5回。『00P』と銘打ってはいるものの5回の内、『00P』と同時期の物は1話しかなく、実質『00I』の外伝作品となっている。
機動戦士ガンダム00
本編作品。本作はその前日談にあたる。
機動戦士ガンダム00外伝
本作を含めた『00』の外伝作品群。本作の一部機体・キャラクターが引き続き登場する。

商品情報[編集]

書籍 [編集]

小説 [編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]