2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ヒクサー・フェルミ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒクサー・フェルミ(Hixar Fermi)[編集]

ソレスタルビーイングに所属し、グラーベ・ヴィオレントと共に行動するガンダムマイスター

ガンダムラジエルの支援機であるGNセファーのパイロットで、モビルスーツ適正が低いためにガンダムマイスターにはなれなかったらしい。グラーベが直接スカウトしなかった数少ない人物のひとりであり、その出自について怪しまれるも秘匿義務から有耶無耶になっている。

その性格は陽気で女たらしで軽薄。暗かったり重かったりする場の空気をなによりも苦手としており、グラーベたちのムードメーカーとして活躍した。またグラーベに巨乳の女性をスカウトするように強く勧めた人物でもあるが、本人は口説き下手らしく、ナンパしても引っかかる女性は一人もいなかった。それどころかしつこくて警察に通報されたほどである。

その正体はリボンズ・アルマークが、グラーベの監視とサポートのために送り込んだイノベイドであるが、本人は人格インストール時に普通の人間だと思い込まされている為に自覚してない。しかしいくつか不可解な現象に遭遇することで自身が人間ではないと気付き始めていたことが日記につづられており、そのことを他者に怖くて相談できなかった。

イノベイド主導の武力介入を企むビサイド・ペインにより操られ、親友であるグラーベを射殺してしまい、ショックで心神喪失の状態に陥ってしまう。その後、ヴェーダに強く要望してエージェントとして復帰するも、親友を撃ってしまったことがトラウマとなって自暴自棄かつ暗い性格になってしまい、裏切り防止用に付けられた爆弾首輪で自殺しようとも考えたほどである。ちなみにこの時にイノベイドに登録が変更されて「人間」としての記録が抹消されたことと、彼のデータに関する閲覧規制も上がってしまったことから、周囲には死んだと思われていた。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム00P
GNセファーを駆る能天気なパイロット。しかし彼が予想もしなかった運命が待っていた。
機動戦士ガンダム00F
2ndシーズンからヴェーダのエージェントとして登場。フェレシュテからガンダムを奪ったりしたが、フォンを反逆者と認定したシャルからフェレシュテのガンダムマイスターに迎えられ、彼を追うことになる。
機動戦士ガンダム00I
フォンを追うこと以上に、ヴェーダから知らされた「親友の敵討ち」を目的に行動。エピローグで正式にソレスタルビーイングに復帰。
機動戦士ガンダム00I 2314

人間関係[編集]

グラーベ・ヴィオレント
同僚。彼を殺してしまった(モレノ医師の治療で一時的にせよ復活したことは知らない)ことは拭い難いトラウマ。しかし00Pのクライマックスで彼が「ラジエルの予備パイロット」と名乗ってヒクサーに送った言葉は、その後のヒクサーの人生を決めた。
シャル・アクスティカ
同僚。00Fではなし崩し的に彼女の指令を受ける立場になり、00Iでも彼女達を頼っている。
フォン・スパーク
00Fでは反逆者認定された彼と何度も交戦するが、非常識かつ人間臭い彼との交戦がきっかけで、人間らしさを取り戻していく。00Iでは仇敵打倒のため、彼からガンダムを借りて奇策を用意する。
ビサイド・ペイン
自身の意思とは関係なく、肉体を操って親友を殺させた仇敵。

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

GNセファー
ガンダムサダルスードTYPE-F
ヒクサー専用ガンダムラジエル
フォン専用ガンダムサダルスードTYPE-F
GNセファー (ハヤナ機)
ヒクサー専用セファーラジエル

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]