ガンダムサダルスードTYPE-F

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GNY-002F ガンダムサダルスードTYPE-F(Gundam Sadalsuud TYPE-F)[編集]

フェレシュテの所有する太陽炉搭載型モビルスーツ
ガンダムサダルスードを第3世代機の技術で改良した機体で、カラーリングが濃いブルーを基調としたものに変更されている。また、元々高精度センサー試験機で装甲や武装等は最低限レベルだった為、携行武装の強化で攻撃力を底上げし、センサーシールドを右肩にも追加している。
後にGNフィールドの展開機能も追加する等して防御力を改良前より強化しているものの、相変わらず戦闘向きとは言いがたい機体であり、そのセンサーを活かした索敵能力の面で活躍している。その為、改良前からのセンサー能力は維持されており、更に先述のセンサーシールドに加え、頭部にガンダムアストレアTYPE-Fと同様のセンサーマスク(勿論ガンダムフェイスの偽装の意味もある)を装着する事で更に高められている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00F
最初のガンダムマイスターフォン・スパークで、ガンダムデュナメストルペードの任務をサポートする為に運用された。
ソレスタルビーイング国連軍の決戦後に更なる改良が加えられるが、直後にヴェーダから世界の監視と言う指令を受けたエージェント、ヒクサー・フェルミハヤナが本機を奪取。しかし、フォンがフェレシュテを離脱してからは正式にヒクサーがマイスターに任命され、フォンの追撃に当たる事となった。
その後、軌道エレベーター付近の宙域でブラックプルトーネと、月面でブラックラジエルと交戦。機体はブラックラジエルとの交戦の際に大破した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランザムシステム(TRANS-AM)
オリジナルGNドライヴのブラックボックス内に組み込まれていたシステム。機体各部のGNコンデンサー内に蓄積している高濃度圧縮粒子を全面開放する事で機体性能を通常の3倍以上に引き上げるというもの。ただし、限界時間がある上、使用後はしばらく性能が大幅にダウンしてしまうという短所もある。
GNフィールド
GN粒子で形成されたバリア。様々な攻撃を防ぐ事ができるが、本機では部分的な使用しか出来ない。
劇中の描写を見る限り、掌部分にしか形成できない模様。

武装・必殺攻撃[編集]

リボルバーバズーカ
携行式の実弾兵器。回転式の弾倉を持っており、装弾数は6発である。
フォンと交戦した際に破壊されたが、エウクレイデスに予備があったのか、月面でブラックラジエルと交戦した際に再び装備していた。
GNビームサーベル
腰部に2本マウントされている格闘兵装。
GNスナイパーライフル
元々はデュナメスの武装で、射程が長く、威力も高い。ただし、かなりの大型で取り回しが悪く、連射も出来ない。
物資の回収作業中に発見し、フォンを狙撃する際に使用。フォンにリボルバーライフルを破壊された為、数ヵ月後にフォンと再戦した時にもこの武装を使っていた。
大型センサーシールド
両肩に装備されているセンサー内蔵型の防御兵装で、スラスター機能も追加されている。装甲の薄い本機では唯一高い防御力を持つ。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムサダルスード
ガンダムサダルスードTYPE-Fブラック
フォン専用ガンダムサダルスードTYPE-F

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]