ガンダムデュナメストルペード

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムデュナメストルペード
外国語表記 Gundam Dynames Torpedo
登場作品
デザイナー 柳瀬敬之
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ (第3世代ガンダム)
型式番号 GN-002/DG014
頭頂高 18.3m
総重量 66.0t
装備重量 6.9t
主動力 GNドライヴ
開発組織 ソレスタルビーイング
所属 ソレスタルビーイング
主なパイロット ロックオン・ストラトス (初代)
テンプレートを表示

概要 [編集]

ソレスタルビーイングが開発した太陽炉搭載型モビルスーツガンダムデュナメスのオプション装備の一つ。右腕に装着されている大型銃「DG014」によって地上から水中の敵機を狙撃する。

頭部にはゴーグルを装備しており、気候の変化への対応や遠距離の有視界能力の引き上げが可能。接近戦に移行する際にはパージされる。左肩にはソナーを装備し、水中にいる敵機の探査などが可能となっている。

なお「トルペード」はドイツ語で「魚雷」の意。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00V
出典元。Vol.002で登場。本機のガンダムマイスターロックオン・ストラトス
人革連軌道エレベーター「天柱」における紛争への武力介入の為に使用された。
機動戦士ガンダム00F
#F02で登場。ロックオン・ストラトスが搭乗し、モビルアーマーシュウェザァイを撃墜している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
接近戦時、ゴーグルを分離可能。
換装
ガンダムデュナメスに換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

GNビームサーベル
腰部に2本マウントされている接近戦用の武装。GN粒子で形成された刃で敵機を溶断する。本機の場合は敵機に接近戦を挑まれた際のフェイルセーフとして装備している感が強く、あまり使用されていない。
GNミサイル
フロントアーマーに16基、両膝に4基ずつ内蔵されている実弾兵器。通常のミサイルと異なり、着弾後に目標に対して圧縮されたGN粒子を注入し、内側から破壊する仕組みとなっている。
DG014
「デュナメス専用銃のナンバー14」という意味を持つ大型銃。右腕に装着してバイポットで銃身を固定し、GN魚雷を発射する。下部にある特殊GNコンデンサーに蓄積されたGN粒子を使う事で連射も可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムデュナメス
通常装備。

商品情報[編集]

リンク[編集]