ハロ (00)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハロ(HARO)[編集]

ソレスタルビーイングが所有する自律稼働の小型ロボット。
ソレスタルビーイングは必要最小限の人員で活動を行っているため、回避運動などMSのサブパイロットから専用の小型ロボットによるメンテナンスなど、あらゆる面をこなす独立型マルチAIとして存在する。

登場するハロは皆兄弟機として認識されている。最もよく登場するハロは、ロックオン・ストラトスの相棒として登場する黄色がかったオレンジカラーのハロで、他のカラーから「オニイサマ」「オニイチャン」「アニサン」などと呼ばれる。セカンドシーズンでは赤ハロも登場し、沙慈・クロスロードのパートナー的存在となっている。その他グリーン、ライトブルー、ピンク、パープル(トリニティの物とは別)などのカラーも存在し、オレンジハロと共に整備メカのカレルで整備を行うことがある。

ネーナ・トリニティが所有する紫の「HARO」はロックオンのオレンジハロから「ニイサン」と呼ばれているが、HAROには同型機のデータが無いため兄弟機として認識していない。また所有者の調整のためか目つきや口が悪く、挑発的な言動を取る。

公式外伝『00I 2314』において、2196年から木星探査船「エウロパ」で太陽炉の開発に携わったスカイ・エクリプスの手により製作され、その1台がGNドライヴと共に地球に送られ、それを発見したCBのメンバーがコピーしていった、という経緯が明らかになった。

宇宙世紀シリーズに登場するハロより一回り小さくバレーボールの球よりやや大きいサイズの複数体が登場。モビルスーツ・パイロットのサポート機器として使用されるという点で、『機動戦士Vガンダム』に登場したハロと性質的に近いものがある。手足のギミックが内蔵されているが、特に足のギミックに関しては、他のガンダムシリーズに登場するハロと異なり、足首が付いている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム00
劇場版 機動戦士ガンダム00

人間関係[編集]

スカイ・エクリプス
ロックオン・ストラトス
フェルト・グレイス
ネーナ・トリニティ
沙慈・クロスロード

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

ガンダムデュナメス
GNアーマーTYPE-D
ケルディムガンダム
ガンダムサバーニャ
ガンダムスローネドライ
リィアン
オーライザー
ダブルオーライザー
ダブルオーライザー (粒子貯蔵タンク型)

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]