2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

オーライザー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
オーライザー
外国語表記 0 Raiser
登場作品 機動戦士ガンダム00
デザイナー 海老川兼武
テンプレートを表示
スペック
分類 支援用戦闘機
型式番号 GNR-010
全長 17.6m
全高 2.5m
全幅 11.2m
本体重量 20.0t
主動力 GNコンデンサー
装甲材質 Eカーボン
開発組織 ソレスタルビーイング
開発拠点 ラグランジュ3 秘密ファクトリー
所属 ソレスタルビーイング
母艦 プトレマイオス2
主なパイロット 沙慈・クロスロード
赤ハロ (操縦補助)
テンプレートを表示

概要 [編集]

ソレスタルビーイングが開発したダブルオーガンダムの専用支援機で、ダブルオーとドッキングが可能。

元々はガンダムに先行しての情報収集、弾幕展開による防御行動など、通常の戦闘機として運用される予定であったのだが、ツインドライヴシステムの安定稼働を行う為に現在の仕様に改められ、内部にはツインドライヴシステムを安定させるサブシステムが搭載された。GNドライヴは搭載されておらず、代わりに大型GNコンデンサーを動力としている。ちなみに、ダブルオーとのドッキング機構は本来、粒子残量が少なくなった際の補給用である。

機首部には複合センサーが内蔵されており、モビルスーツに搭載されている物以上の高性能を誇る。ただし、その性能を引き出すにはハロが搭乗している必要がある。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
沙慈・クロスロード赤ハロが搭乗。劇中の台詞から、元々はラッセ・アイオンが乗る予定だったと思われるが、彼はプトレマイオス2の砲撃士に専念し、またオーライザーの調整完了直後にイアン・ヴァスティも負傷した事から沙慈に任されている。ただ、彼はパイロットとしては完全に素人である為、実質座っているだけで、専ら操縦しているのはハロである。
当時の戦況やその機能の有用性からダブルオーと合体して運用される事が多く、単体で運用された事は皆無に等しかった。その為、どの武装も本機単体では使用されていない。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ハードポイント
サイドバインダーの外側に1つずつ設置されている。様々な装備を装着可能。
合体
ダブルオーガンダムと合体してダブルオーライザーになる。
換装
ザンライザーに換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

GNバルカン
本体に4門内蔵されている近接防御用の武装。主に牽制などに使用される。
GNビームマシンガン
サイドバインダーの内側に1門ずつ内蔵されている速射式のビーム砲。本機の主兵装だが、コンデンサー内のGN粒子の消費量が多く、あまり多用はできない。
GNマイクロミサイル
サイドバインダーの外側に4門ずつ、計8門を装備している実弾兵器。デュナメス等に装備されている物を小型化した物だが、威力は以前と変わらない。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザンライザー
オーライザーにザンユニットを装着した形態。ダブルオーガンダムとの合体でダブルオーザンライザーとなる。
ダブルオーライザー
オーライザーがダブルオーガンダムと合体した形態。
ダブルオーガンダム
支援対象。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]