ガンダムサダルスード

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

GNY-002 ガンダムサダルスード(Gundam Sadalsuud)[編集]

ソレスタルビーイング太陽炉搭載型モビルスーツ
第2世代ガンダムに分類される機体であり、各部に高精度のEセンサーを装備しているため、高い索敵能力を誇る。反面、装甲は最低限の厚さを確保しているのみであり、戦闘能力もかなり低い。

名称は「星」のタロットカードにかかれた水を汲む女神が由来であり、「サダルスード」とはみずがめ座β星の名称である。
また、第3世代機であるガンダムデュナメスのプロトタイプでもある。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00P
ガンダムマイスターガンダムマイスター874
あらゆる状況下でのセンサー機能の動作をテストする為に運用され、そのデータを基にデュナメスの照準システムが開発される事となった。
後にフェレシュテへと配備され、TYPE-Fへと改装されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

リボルバーバズーカ
携行式の実弾兵器。回転式の弾倉を持っており、装弾数は6発である。
GNビームサーベル
腰部に2本マウントされている格闘兵装。
大型センサーシールド
左肩に装備されているセンサー内蔵型の防御兵装。装甲の薄い本機では唯一高い防御力を持つ。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムサダルスードTYPE-F
ガンダムサダルスードTYPE-Fブラック
フォン専用ガンダムサダルスードTYPE-F
0ガンダム
サダルスードを含む第2世代ガンダムの原型機。
ガンダムデュナメス
次世代機。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]