ハヤナ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハヤナ
外国語表記 Hayana
登場作品
デザイナー 羽音たらく
テンプレートを表示
プロフィール
本名 887
種族 イノベイド
性別 女性
年齢 不明(外見は10歳前半)
職業 パイロット
所属 ソレスタルビーイングフェレシュテ
主な搭乗機 GNセファー (ハヤナ機)
テンプレートを表示

概要 [編集]

ヒクサー・フェルミと行動を共にする、ハナヨと瓜二つの外見を有した戦闘用イノベイド

元々はガンダムマイスター874が第三世代ガンダムマイスターとして参戦する際に必要とされ用意された肉体だった。だが、ハナヨはこの肉体に自身の人格を書き込むことは命を奪うことだと考え、これを拒否。結果、この肉体にはサンプル人格の一つである「agent887」がインストールされ、エージェントとして運用された。

データであったころから肉体に憧れのようなものを抱いており、それが叶ったことで有頂天に。またその恩義から自身に肉体を譲ってくれたガンダムマイスター874を姉と慕い、自身をコードネームをもじってハヤナと名づけると同時に「姉」にはハナヨの名を送った。

だが幼稚で攻撃的な性格が災いして暴走し、ソレスタルビーイングの存在を暴露してしまうかもしれない証拠を残してしまう。直後、ヴェーダからの強制シャットダウンで気絶してしまい、気がついたころには全てが終わったあとだった。この時、彼女は自身の体を一時的に姉であるハナヨに奪われたのではないかと考え、、ハナヨに対して疑念を抱くようになる。そして、ハナヨビサイド・ペイン戦に際し、仕方がなかったとは言え肉体を強制的に奪われ、肉体を失う恐怖で自我に大きな損傷を負ってしまった。以後、ハナヨの失墜によって肉体は取り戻せたものの、この事件がトラウマとなって性格が歪んでしまい、慕っていたハナヨに対して「完全に殺さなくてはまた体を奪われる」という強迫観念に囚われるようになる。そのため、ハナヨの封印されているハロを粉々に破壊したことさえあった。

ヒクサーとはハナヨから肉体が返還された直後、傷心に沈んでいたころに出会い、自身の心の傷と似たようなものをお互い感じ取り、コンビを組むようになったようだ。

立ち位置としてはフォン・スパークハナヨに対する、ヒクサー・フェルミのハヤナといったところで、ハナヨとは対存在に位置付けられている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム00P
機動戦士ガンダム00F
機動戦士ガンダム00I
機動戦士ガンダム00I 2314

人間関係[編集]

ハナヨ
姉のような存在。ハヤナという存在が生まれたのも、歪んでしまう原因を作ってしまったのも彼女である。最終的にはトラウマをある程度克服することで仲は修復されたようだ。
ヒクサー・フェルミ
パートナー。「姉」への感情を解き放ってくれたのも彼だった。そのせいなのか彼の不在にはふさぎ込むなど、すこし依存しているようなところも見受けられる。
フォン・スパーク
シャル・アクスティカ
エコ・カローレ
シェリリン・ハイド
レオ・ジーク
デル・エルダ

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

GNセファー (ハヤナ機)
ガンダムサダルスードTYPE-F

商品情報[編集]

リンク[編集]