マレーネ・ブラディ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

マレーネ・ブラディ(Marlene Vlady)[編集]

ソレスタルビーイングに所属する第2世代のガンダムマイスター
元々は過酷な労働を強いられていた宇宙労働者の一人であったが、彼女の船の乗組員が謎の宇宙感染症によって全滅。唯一生き残った彼女は雇用先から責任逃れのためのスケープゴートに仕立て上げられ、死刑囚となっていた。本人は一人生き残ってしまった自責の念から死刑を受け入れるつもりであったが、彼女の能力を買ってスカウトしに来たグラーベの誘いに乗り、ソレスタルビーイングに参加。だがグラーベから「優しすぎる」と判断されたため、裏切り防止用に手錠と首の爆弾首輪を付けられ、ガンダムの整備には立ち会えず、ガンダム搭乗時以外は独房に監禁されていた。もちろん、本人の了承付きである。
普段はツンケンした態度だがその優しさから年下のシャル・アクスティカの代わりに出撃することも多く、それがもとで重傷を負ったこともあった。

後にルイード・レゾナンスと恋仲になり、結婚。マイスターを引退し、予備マイスターとなる事を条件として爆弾首輪も外され自由の身になり、フェルト・グレイスを出産して一児の母となった。
だが軌道エレベーターの自爆テロを察知したシャル・アクスティカの提案による阻止作戦に援護として参加。プルトーネの暴走に際してシャル・アクスティカ救出に駆けつけるも、高濃度GN粒子の放射に巻き込まれ、夫であるルイード・レゾナンス共々即死している。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム00P
機動戦士ガンダム00P SPECIAL EDITION

人間関係[編集]

ルイード・レゾナンス
同僚。のちに結婚。
フェルト・グレイス
娘。
シャル・アクスティカ
同僚。
ガンダムマイスター874
同僚
ロバーク・スタッド
宇宙労働者時代の同僚。宇宙感染症の生き残りの彼女を助けるが、事故で死亡する。実は、フォン・スパークの父親であった。

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

ガンダムアブルホール

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]