ガンダムアストレアTYPE-B

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GNY-001B ガンダムアストレアTYPE-B(Gundam Astraea TYPE-B)[編集]

ソレスタルビーイングが開発した太陽炉搭載型モビルスーツ
ガンダムアストレアの背部にあるドライヴカバーをスリースラスター型から改良型のコーン型へ変更している。

第2世代機のドライヴカバーには「スリースラスター」が採用されており、これは太陽炉の性能を最大限まで引き出せるが、太陽炉に掛かる負担が大きく機体性能が低下するというリスクもある。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00P
ガンダムマイスタールイード・レゾナンス
改良型のコーン型カバーの運用実験を行い、それの運用自体は良好な結果が出た。しかし、機体バランスが崩れてしまった為、実験終了後にスリースラスター型へと戻されている。
なお、このデータを基に第3世代機の開発が行われた。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

GNビームライフル
本機の主兵装。銃身後部に腕部とのコネクターが存在し、そこから粒子供給を受ける仕組みとなっている。
GNビームサーベル
腰部に2本マウントされているビームの剣。第3世代ガンダムの物と同様の形状をしている。
プロトGNソード
折りたたみが可能な実体剣。エクシアのGNソードのプロトタイプであり、刀身にGN粒子を定着させて切断力を向上させている。ライフルモードの機能は無いが、これが開発された時点で既に搭載が検討されていたという。
GNランチャー
大型の粒子ビーム砲。こちらはヴァーチェのGNバズーカのプロトタイプで、威力が高い。GNビームライフルと同様、後部にコネクターが存在し、胸部のクラビカルアンテナを外してそこに接続する事で粒子供給を受ける。その為、粒子制御能力が低下してしまう事から出力が安定しないという短所もある。
なお、GNコンデンサーを内蔵しているので接続せずとも使用自体は可能だが、この場合は威力が低下してしまう。2基装備して「ダブルGNランチャー」として使用した事もある。
GNシールド
表面にGN粒子を定着させて防御力を向上させた実体盾。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレア
ガンダムアストレアTYPE-F
ガンダムアストレアTYPE-F2
ガンダムアストレアTYPE-Fブラック
フォン専用ガンダムアストレアTYPE-F
ガンダム アヴァランチアストレアTYPE-Fダッシュ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]