ガンダムアストレア

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムアストレア
外国語表記 Gundam Astraea
登場作品
デザイナー 海老川兼武
テンプレートを表示
スペック
分類 試験用モビルスーツ (第2世代ガンダム)
型式番号 GNY-001
頭頂高 18.3m
本体重量 57.2t
主動力 GNドライヴ
装甲材質 Eカーボン
開発組織 ソレスタルビーイング
所属 ソレスタルビーイング
主なパイロット ルイード・レゾナンス
テンプレートを表示

概要 [編集]

ソレスタルビーイングが開発した第2世代ガンダムの1号機。名称は「正義」のタロットカードに描かれている「正義の女神(アストレア)」が由来である。

アストレアは0ガンダムの汎用性を受け継いだ機体であり、第3世代ガンダムに装備される追加装備の開発テストを目的とした機体である。フレームには運動性の高い物が採用されており、人間とほぼ同等の可動範囲を持つ他、機体各部に露出している粒子供給コードにより機体制御も容易となっている。頭部の前面アンテナは小型となっているが、これは胸部のグラビカルアンテナの技術が低く干渉領域が多かったためであり、側面に大型のブレードアンテナを装備することでGN粒子による干渉問題を最小限に抑えている。

武装はGNビームライフルやGNビームサーベルなどの標準装備から、GNランチャーやプロトGNソードといった特殊武装のテストも行われた。グラビカルアンテナは外すことで武装に粒子を直接供給することが可能となるが、その分GN粒子の制御能力が著しく低下する状態となる。

ガンダムアブルホールを除いた第2世代ガンダムの推進器はスリースラスター型が採用されており、高い推力を生み出すことが可能となっている。だが、このタイプは安定性に問題があると判明したため、第3世代ガンダムには採用されていない。

本機の武装データは第3世代ガンダムにフィードバックされ、運用データはガンダムエクシアに発展することになった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00P
ガンダムマイスタールイード・レゾナンス。主に開発された試作武装のテスト機として運用されている。なお、ルイードの死後は他のマイスター候補によってテストが行われた。その後、TYPE-Fに改修され、フェレシュテにて運用される事になった。
機動戦士ガンダム00V戦記
ルイードがGNランチャー4門を使った発射実験を行っている。この実験により、粒子ビームが収束すると威力が向上する事が判明した。このデータはヴァーチェセラヴィーの開発に活かされている。
機動戦士ガンダム00P SPECIAL EDITION
ルイードが搭乗し、GNソード(テストバージョン)とプロトGNブレイドのテストの為、シャル・アクスティカプルトーネと模擬戦を行っている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

GNビームライフル
本機の主兵装。銃身後部に腕部とのコネクターが存在し、そこから粒子供給を受ける仕組みとなっている。GNコンデンサーが内蔵されており、粒子を蓄えることで連続射撃も可能となる。
GNビームサーベル
後腰部に計2基装備されている近接武装。第3世代ガンダムの物と同様の形状をしている。
プロトGNソード
腕部に装着される折り畳み可能な実体剣。刀身にGN粒子を定着されることで切断力を向上させている。この時点で火器の内蔵が検討されていたため、名称に「プロト」と付けられている。
GNランチャー
大型の粒子ビーム砲。こちらはヴァーチェのGNバズーカのプロトタイプで、威力が高い。GNビームライフルと同様、後部にコネクターが存在し、胸部のクラビカルアンテナを外してそこに接続する事で粒子供給を受ける。その為、粒子制御能力が低下してしまう事から出力が安定しないという短所もある。また、開発中の装備故に膨大な粒子消費量に対応し切れていない為、バックファイアー(粒子漏れ)を引き起こしがちである。イアンが調整してからはある程度改善されているが、完全になくす為には一から設計しなおす必要がある。
後に内蔵しているGNコンデンサーを改良した事で接続せずとも使用可能となったが、この場合は威力が低下する。2門装備して「ダブルGNランチャー」として使用したり、4門装備して発射実験を行った事もある。
プロトGNハイメガランチャー
フィギュア『METAL BUILD ガンダムアストレア』に付属するオリジナル武装。デザイン監修は海老川兼武氏が担当。上記のGNランチャーを越える威力を求めて開発された長距離大火力砲で、パワー供給用にGNコンデンサーを内蔵した大型GNシールドと連結させて使用する。形状からしてガンダムスローネアインのGNランチャーに発展したと思われる。
GNソード(テストバージョン)
プロトGNソードを基に開発された武装。ソードモードとライフルモードの2種類に変形する。ソードの刀身にはGN粒子を定着させており、それによって高い切れ味を持たせている。ライフルの銃身はバックラー部に折りたためるようになっており、GNソードを腕に装備したまま別の武装を使用する事も可能。しかし、その大きさ故に取り回しに難がある。
後のエクシアが装備しているGNソードと同じ物だが、まだ制式採用されておらず、微調整も完全ではない為「テストバージョン」と呼ばれる。
プロトGNブレイド
名称からも分かるとおり、エクシアのGNブレイドのプロトタイプで両腰に1本ずつマウントされる。長さが異なっており、それぞれ「プロトGNロングブレイド」、「プロトGNショートブレイド」と呼称される。
ヴェーダの指示で新たに開発され、GNソードと同様に刀身にGN粒子を定着させる事でGNフィールドすら切り裂く程の凄まじい切れ味を誇る。しかし、性能が要求値に達していない為、更なる改良が加えられる事になった。
GNシールド
腕部に装着されるシールド。表面にGN粒子を定着させることで防御性能を向上させている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレアTYPE-B
GNドライヴの推進器をコーン型に変更した状態。
ガンダムアストレア アヴァラングギア シグナス
アストレアに高機動用の試験装備を施した状態。
ガンダムアストレアTYPE-F
フェレシュテが本機を運用するために改修した機体。
ガンダムアストレアTYPE-F2
アストレアTYPE-Fをエクシアの予備パーツで改修した機体。
ガンダムアストレアTYPE-Fブラック
イノベイター勢力がアストレアTYPE-Fを複製した機体。ブラックアストレアとも呼ばれる。
フォン専用ガンダムアストレアTYPE-F
フォンが独自にブラックアストレアを改修した機体。
0ガンダム
アストレアを含む第2世代ガンダムの原型機。
ガンダムエクシア
後継機。
ガンダムヴァーチェ / セラヴィーガンダム
GNランチャーのデータが両機の武装に活かされている。
ガンダムスローネアイン
プロトGNハイメガランチャーのデータが活かされており、他のスローネ2機との連結により期待値通りの性能を発揮させることに成功している。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア[編集]

リンク[編集]