2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムアストレアTYPE-F

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GNY-001F ガンダムアストレアTYPE-F(Gundam Astraea TYPE-F)[編集]

フェレシュテに所属する太陽炉搭載型モビルスーツ
ガンダムアストレアを第3世代機の技術で改装しており、カラーリングも白を基調としたものから赤を基調としたものへと変更された。また、本機が「ガンダム」であると悟られないよう、頭部にはセンサーマスクが装着されている。このセンサーマスクはその名の通り、センサーが内蔵されている為に索敵性能も向上している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00F
ガンダムマイスターフォン・スパーク
主にソレスタルビーイングのミッションをサポートするために運用された。その後、TYPE-F2へと改良されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランザムシステム(TRANS-AM)
オリジナルGNドライヴのブラックボックス内に組み込まれていたシステム。機体各部のGNコンデンサー内に蓄積している高濃度圧縮粒子を全面開放する事で機体性能を通常の3倍以上に引き上げるというもの。ただし、限界時間がある上、使用後はしばらく性能が大幅にダウンしてしまうという短所もある。

武装・必殺攻撃[編集]

GNバルカン
両腕に1門ずつ内蔵されている速射式の小型ビーム砲。主に牽制などに使用される。
GNビームライフル
本機の主兵装。銃身後部に腕部とのコネクターが存在し、そこから粒子供給を受ける仕組みとなっている。
GNビームサーベル
腰部に2本マウントされているビームの剣。第3世代ガンダムの物と同様の形状をしている。
プロトGNソード
折りたたみが可能な実体剣。エクシアのGNソードのプロトタイプであり、刀身にGN粒子を定着させて切断力を向上させている。ライフルモードの機能は無いが、これが開発された時点で既に搭載が検討されていたという。
GNランチャー
大型の粒子ビーム砲。こちらはヴァーチェのGNバズーカのプロトタイプで、威力が高い。GNビームライフルと同様、後部にコネクターが存在し、胸部のクラビカルアンテナを外してそこに接続する事で粒子供給を受ける。その為、粒子制御能力が低下してしまう事から出力が安定しないという短所もある。
なお、GNコンデンサーを内蔵しているので接続せずとも使用自体は可能だが、この場合は威力が低下してしまう。2基装備して「ダブルGNランチャー」として使用した事もある。
GNシールド
表面にGN粒子を定着させて防御力を向上させた実体盾。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレアTYPE-F2
ガンダムアストレア
ガンダムアストレアTYPE-B
ガンダムアストレアTYPE-Fブラック
フォン専用ガンダムアストレアTYPE-F
ガンダム アヴァランチアストレアTYPE-Fダッシュ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]