ヴァルキランダー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァルキランダー
外国語表記 VALKYLANDER
登場作品 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
デザイナー 寺島慎也
テンプレートを表示
スペック
愛称 モルジアーナ
分類 SDガンダム (ガンプラ)
型式番号
  • 竜機化神ドラゴンチェンジャー (ガンドラゴンモード時)
  • 機竜化士メタルチェンジャー (ヴァルキランダー時)
  • 神竜合士ゴッドクロスファイター (竜合身ドラゴンフュージョンモード時)
全高 12.0m (ヴァルキランダー時) (ダイバーによる独自設定)
本体重量 29.2t (ヴァルキランダー時) (ダイバーによる独自設定)
装甲材質 プラスチック
ビルダー パトリック・アレクサンドル・レオナール・アルジェ
所属 ビルドダイバーズ
ダイバー パルヴィーズ (パトリック・アレクサンドル・レオナール・アルジェ)
テンプレートを表示

概要[編集]

パルヴィーズガンプラガンダムアストレアTYPE-FのSDガンプラをベースに「ガンドランダーシリーズ」をモチーフに取り入れビルドされている。胸部エネルギー吸気口「ダゴンズ・ジョー」に加え、髪の毛状の冷却機関「クーリング・コード」など、ガンドランダーシリーズのキャラクターが持つ意匠と機動戦士ガンダム00のデザインが組み合わさっているのが特徴。

ドラゴンタイプのガンドラゴンモード、ガンホーンが特徴的な戦士タイプのヴァルキランダー、背中に翼を生やした竜合身モードの3形態への変形機構が組み込まれ、多彩な攻撃が可能な機体となっている。

ガンドラゴンモードは正式名称として「スカーレットガンドラゴン」と名付けられており、本来は本機の最強形態として運用される予定であった。しかし、パルウィーズの心の傷が原因で飛行能力を封印したままこれを通常状態として運用していた。後に彼が自身でトラウマの壁を乗り越えた事で真の力を開放し、パワーアップを果たした。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
第1話から登場。序盤はパルヴィーズがGBN初心者だった事もあり、誤射や無駄弾が目立ち、ピンチに陥る事も度々あった。しかし、第5話にてトラウマを克服した事で能力をフルに引き出せるようになったため、次第にチームとの連携が取れるようになり目覚しい活躍を見せるようになる。
静止衛星での初戦の後、機体の召還に必要な遺跡のエルドリウム鏡砂が不足したためガンダムジャスティスナイトと共に機体の召還に失敗。鏡砂が確保できるまでの間、唯一召還できたGNガンソードとシールドをヒロト達に貸し与えた。鏡砂が確保できてからはアルスアースリィガンダム戦とガンダムゼルトザーム戦に参戦。以降はヒトツメとの決戦に備えエクスヴァルキランダーへと改造された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
ガンドラゴンモード、ヴァルキランダー、竜合身モードの各形態に変形可能。
ガンドランザムシステム (GUNDRANS-AM)
本機におけるトランザムシステム。パネル操作で任意に起動のON/OFFが可能。発動時には瞳の虹彩がイノベイター風に変化する。第22話でトランザムを起動したデュビアスアルケーに対抗するべく初使用するも、機体制御が上手くできず窮地に陥ったため已む無く使用を中断している。

武装・必殺攻撃[編集]

GNガンソード
宝剣をかたどった近接武装。非使用時にはGNガンシールドに収納される。ガンドラゴンモード時にはテールブレードとして機能する。第17話~第18話では一度エルドラに置き去る事でガンプラが形状を保ったままエルドラに存在し続ける事を解明し、クアドルンの翼の修復を実行に移している。
GNガンシールド
宝盾をかたどったシールド。ガンドラゴンモード時にはフェイスパーツと尾の一部を構成する。
GNフレアーデバイス
収束ビームを放つ携行火器。ガンドラゴンモードでは口部を構成する。
GNランチャーデバイス
拡散ビームを放つ携行火器。ガンドラゴンモードでは尾の一部を構成する。
GNメガフレアーデバイス
フレアーデバイスとランチャーデバイスを合体させて使用する大型火器。使用する際は胸部のエネルギー吸気口から追加エネルギーを供給、髪の毛状の冷却器官を全力稼働させて使用する。
竜火球メテオブレス / 超竜火球弾メガフレアバースト
ガンドラゴンモード時の頭部から放たれる火球。真の力を開放した際にパワーアップした。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレアTYPE-F
ベース機。SDガンダムのキットを使用している。
ガンドランダーシリーズ
本機のモチーフ。似通った外見や設定を持つ機竜士レッドランダーフェニックスランダーなどが該当すると思われる。
アヴァランチヴァルキランダー
本機にアヴァランチレックスバスターを装備させた状態。
エクスヴァルキランダー
本機を強化した機体。
モルジッガイ
本機のコスプレをしたプチッガイ。『GBD:R』第23話にスケッチが登場した。

余談[編集]

  • 長い黒髪を生やした容姿を持つ本機だが、作画監督の阿部宗孝氏のツイートで「男の娘」である事が明かされている。頭部のひさしの部分もまつ毛をイメージしているとの事。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]