ガンダムジャスティスナイト

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムジャスティスナイト
外国語表記 GUNDAM JUSTICE KNIGHT
登場作品 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ (ガンプラ)
型式番号 ZGMF-X19AK
全高 18.9m (ダイバーの独自設定)
重量 61.78t (ダイバーの独自設定)
装甲材質 プラスチック
ビルダー トリマチ・カザミ
所属 MU DISH ⇒ ビルドダイバーズ
ダイバー カザミ (トリマチ・カザミ)
テンプレートを表示

概要[編集]

トリマチ・カザミインフィニットジャスティスガンダムをベースにカスタムビルドしたガンプラ。機体コンセプトは機体名称の通り「正義の騎士」であり、西洋鎧のようなアーマーを装着し防御性能が大きく向上した機体となった。機体色も赤から白に変更され、見た目の印象も大きく変わっている。

増加した本体重量とのバランスを考慮した結果、ベース機が多数装備していた武装類が整理されており、新たに装備された武装類も遠近両方のレンジで使用可能なショットランサーを主武装としたシンプルな構成に変更され、扱いやすさを重視したチューニングが施されている。これらの改造は極めて正統派のビルドカスタムであり、扱うダイバーの能力がハッキリと表に出る正直な機体と言える。

防御力の高い機体であるが、表面処理や合わせ目処理等で対処可能な耐水圧性が備わっていないため水中戦は不得意としている。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
カザミの愛機として序盤から登場する。コアガンダムヴァルキランダーウォドムポッドと共に『ヒトツメ』を相手に幾度となく交戦するが、カザミの目立ちたがりな性格が災いし、当初は目立った成果を挙げられなかった。しかし、エルドラドートレスとの戦闘で初撃破を達成。その後はカザミの成長もあって要所要所で活躍している。
第12話のヒトツメの本拠地である静止衛星での戦いにおいても奮戦したものの、衛星砲の発射によりメンバーと共にやむなく撤退。その後、エルドラに復帰しようとした際、機体の召還に必要な遺跡のエルドリウム鏡砂が不足していたためヴァルキランダーと共に機体の召還に失敗。唯一召還できたサークルシールドをヒロト達に貸し与えた。その後、鏡砂の確保に成功し、対アルスアースリィガンダム戦に参戦。これ以降はカザミがヒトツメとの決戦に備えてイージスナイトを製作したため、そちらへと乗り換えている。

装備・機能[編集]

特殊装備 [編集]

ナイトウイング
ベース機のリフターの代わりに装着されている背部ユニット。飛行能力に特化しており武装類は装備されていない。背部から分離しショットランサーとサークルシールドと合体することでサポートマシンとしても運用可能。

武装・必殺攻撃[編集]

KT-E03R ライテイ ショットランサー
機動戦士ガンダムF91』に登場したショットランサーのコンセプトをC.E.の世界観風にアレンジした本機の主武装。ビームガンが2門内蔵されており、中・遠距離の相手にも対応可能。ランス部分は射出可能であり、当たれば必殺の一撃となる。
ジャスティスサンダーアタック (GBD:R 第2話、第8話) / ジャスティスランス (GBD:R 第7話)
ライテイ ショットランサーによる必殺の一突き…と言えば聞こえはいいが、実際はただの一突きに掛け声を合わせているだけである。前者は第2話ではリーオーNPDにシールドで防がれ、第8話では「ジャスティスサンダー」まで言いかけたところで背後からアッガイに襲われ失敗。後者はエルドラアーミーに難なく避けられてしまった。
KT-S02E ガラティン ロングソード
左腰に帯刀されているロングソードをかたどった実体剣。ビームサーベルに匹敵する切れ味を誇る。
CS-1202 サークルシールド
円形のシールド。優れた防御能力を持ち、その防御力を活かしたシールドバッシュも強力。
MMI-GAU26 17.5mmCIWS
胸部に4門内蔵されている機銃。ベース機の物がそのまま残されている。

対決・名場面[編集]

傷だらけの栄冠
『Re:RISE』第7話より。勝利に固執するが故に戦果が挙げられずスランプに陥っていたカザミは、かつて所属していたフォース相手にも敗北してしまう。しかし、その時のゴジョウの「何も変わっていない」の一言がカザミを変えた。護衛ミッション中に離脱したムランの護衛をヒロトに委ね、カザミは単身、輸送隊を守り通す事を選択。しかし新手のエルドラドートレスを加えたエルドラアーミーの猛攻はジャスティスナイトを破壊寸前まで追い詰める。またしても敗北を重ねようとする自身に涙するカザミだったが、その時、負け試合だと思っていたキャプテン・ジオンの動画の続きがコックピットに流れた。一度は追い詰められながらも、改心した仲間と共に立ち上がる彼の姿はカザミの魂に再び火をつける。程なくして集まった仲間達と共にカザミは反撃を開始。最後に残ったドートレスをジャスティスナイトの拳が貫いたその時、カザミは遂に勝利をその手に掴んだ。

関連機体[編集]

インフィニットジャスティスガンダム
ベース機。使用キットは「HGCE インフィニットジャスティスガンダム」。
ジャスティッガイ
本機のコスプレをしたプチッガイ。本機の武装のミニサイズ版を装備している。祭りや作業をする際にはこちらに搭乗した。
ガンダムフリーダムナイト
HHイメージングダイバーズ』に登場。ストライクフリーダムの頭部、バックパック、携行武器を本機の物に変更した改造ガンプラ。本機の姿に感銘を受けたキャプテン・ジオンが無許可で製作したという設定。
ガンダムイージスナイト
カザミが後に製作したガンプラ。イージスガンダムをベースとしており、本機からさらに防御力を重視した機体となっている。

余談[編集]

  • ストライクフリーダムガンダムの旧名称が「スーパーフリーダムガンダム」であったように、インフィニットジャスティスガンダムにも「ナイトジャスティスガンダム」という旧名称があった。こちらはパチスロに「ナイトジャスティス」という名称が既に用いられていたため没となったが、本機がそれを引き継ぐ形となった。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]