AEUヘリオンイニティウム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

AEU-05/92 AEUヘリオンイニティウム(AEU Hellion Initium)[編集]

AEUが開発した量産型モビルスーツ。初期生産型であり、「ヘリオン92年型」とも呼ばれる。
ユニオンリアルドを参考に設計されており、本機も可変機構を持っている。ただし、運用思想がユニオンとは異なる為、装備の換装や機体の分離等は不可能。
機体はやや大型で出力が不足しており、性能も中途半端である。

ヘリオンは『乱暴者』の意。
ちなみに本機の開発にはソレスタルビーイングに参加する前のイアン・ヴァスティが係わっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00P
西暦2292年頃に実戦配備され、第五次太陽光発電紛争時の主力機となった。
機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
スメラギ・李・ノリエガの回想シーンにて登場している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
飛行形態へ変形する。
ただし、戦闘中の変形は不可能であり、出撃前にパーツを換装する必要がある。

武装・必殺攻撃[編集]

180mm滑腔砲
本機の主兵装。炸薬で弾丸を発射する。
ディフェンスロッド
腕部に装備される棒状の防御兵装。ロッドを回転させる事で実弾を弾く。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

AEUヘリオンメディウム
AEUヘリオンベルベトゥウム
AEUイナクト
ユニオンリアルド

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]