ファントン

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

MSJ-04 ファントン(Fantong)[編集]

人類革新連盟が開発した量産型モビルスーツ
第五次太陽光発電紛争時の主力機で、内燃機関を動力としている。重装甲による高い防御力を持っているが、そのせいで機動力は低い。

軌道エレベーター完成後はティエレンが主力機となり、本機は退役。改修され、「アンフ」として中東諸国などに輸出された。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00P
運用テストのために現れたソレスタルビーイングのガンダムと戦闘。圧倒的な性能差の前に破壊されるしかなかった。
機動戦士ガンダム00(2ndシーズン)
アンドレイの回想に登場。15年前の太陽光発電紛争時の主力として運用されていた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ハードポイント
機体の各部に設置されている。

武装・必殺攻撃[編集]

155mm×50口径長滑腔砲
本機の主兵装。頭部の下側に装備されている。
カーボンスピア
Eカーボン製の巨大な槍。接近戦用の武装で、機動力を補う為に装備されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ファントン指揮官型
アンフ
ティエレン地上型

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]