ティエレン長距離射撃型

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MSJ-06II-LC ティエレン長距離射撃型
(Tieren Long-Range Cannon Type)
[編集]

人類革新連盟が開発した地上用の量産型モビルスーツ
ティエレン地上型に長距離支援用のカノン砲を装備した機体で、腰部に安定脚を追加している。また、メインセンサーも胸部に変更された。
地上型以上に機動性が低く、砲撃中は動くことすらままならない為、護衛機が必要とされる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00(1stシーズン)
人類革新連盟が運用したが、ソレスタルビーイングのガンダムには歯が立たなかった。しかし、タクラマカン砂漠でのガンダム鹵獲作戦時にはその長射程と物量を活かした集中砲火でガンダムを苦しめている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

300mm×50口径長滑腔砲
本機の主兵装。頭部をすっぽりと覆ってしまうほどの大きさで、高威力と長射程を誇る。
30mm機銃
左胸に内蔵されている。対空、対人用として使用される。
シールド
両脚に装着されている実体盾。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ティエレン地上型
ティエレン対空型
ティエレン宇宙型
ティエレン宇宙指揮官型
ティエレン高機動型
ティエレン高機動B型
ティエレン高機動B指揮官型
ティエレンタオツー
ティエレン全領域対応型
ティエレンチーツー
ティエレンジィージュー

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]