ティエレン対空型

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

MSJ-06II-AC ティエレン対空型(Tieren Antiaircaft Cannon Type)[編集]

人類革新連盟が開発した量産型モビルスーツ。通称は「ティエレンツーウェイ」で、「ツーウェイ」は「ハリネズミ」を意味する。
ティエレン地上型をベースに頭部や腕部に多数の武装を装備させており、対空戦闘に特化させているが、これは敵対しているユニオンAEUの飛行型MSに対抗する為である。また、頭部後方には様々なレーダーやセンサーを組み合わせた複合索敵システムを搭載しており、上空の敵機を確実に捕捉できるようになっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00V
人革軍の演習中に現れたテロリストのヘリオン4機を瞬く間に全滅させている。
ちなみにこの時居合わせていたデボラ・ガリエナ曰く、「自作自演」であるらしい。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

スモークディスチャージャー
胸部に6基装備。

武装・必殺攻撃[編集]

4連装155ミリ50口径対空連射砲
本機の主兵装。頭部に装備されており、毎分720発(1秒間に12発)の発射速度を誇る。銃口初速も1655m/s(マッハ5)という凄まじい速さであるが、それに比例して砲身の消耗率も高く、腰部に予備の砲身を1本マウントしている。砲弾は自立誘導弾頭、対空散弾、通常弾の3種が用意されており、それぞれに時限式、接近式、直射式が存在する。
4連装対空ミサイルランチャー
両肩に2基ずつ、計4基を装備。基本的には通常弾を搭載しているが、ガンダム登場後は有線コントロール式の物も搭載されるようになった。
60ミリ6連液冷バルカン砲
腕部に装着されている武装。連射時には200mm×25口径長滑腔砲以上の熱を砲身が持つため、液冷式の廃熱システムを採用している。
カーボンブレイド
60ミリ6連液冷バルカン砲の先端部に装着されている武装。敵機が接近戦を挑んできた際のフェイルセーフとして装備されていると思われる。
30mm機銃
左胸に内蔵。対人用などに使用される。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ティエレン地上型
ティエレン長距離射撃型
ティエレン宇宙型
ティエレン宇宙指揮官型
ティエレン高機動型
ティエレン高機動B型
ティエレン高機動B指揮官型
ティエレンタオツー
ティエレン全領域対応型
ティエレンチーツー
ティエレンジィージュー

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]