アルヴァトーレ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルヴァトーレ
外国語表記 Alvatore
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 擬似太陽炉搭載型モビルアーマー
型式番号 GNMA-XCVII
全長 56.1m
全高 42.6m
全幅 37.9m
主動力 GNドライヴ[Τ]×7
装甲材質 Eカーボン
内蔵機体 アルヴァアロン
開発組織 コーナー家
所属 国連軍
主なパイロット アレハンドロ・コーナー
テンプレートを表示

概要[編集]

アレハンドロ・コーナーが専用機として開発した大型モビルアーマー。アレハンドロの要望により機体カラーは金色となっており、放出されるGN粒子の色も金色に調整されている。

機体後部にGNドライヴ[Τ]を7基搭載しており、ガンダムを凌駕する高出力を実現している。武装もこの出力を活かした強力な物を装備しており、強固なGNフィールドも備えているため攻撃力と防御力が共に非常に高くなっている。また、重力下での運用も想定されていたのか機体下部には脚部を備えている。機体上部にはコアユニットであるアルヴァアロンが格納されており、本機はその強化パーツにすぎない。

この金色の塗装には、耐ビームコーティング効果があるが、条件がそろわないと効果がなく、何よりも戦場では目立ちすぎる色である事から他の機体に採用される事は無かった。また、一説ではパイロットの趣味とも言われている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00(1stシーズン)
第24話~第25話で登場。パイロットはアレハンドロ・コーナー
戦力の低下した国連軍への増援として登場しており、大型GNキャノンの一撃でトレミーに甚大なダメージを与え、最終的に大破させた。他にもガンダムナドレガンダムキュリオスなどにも深刻な被害を与えた。GNアーマーTYPE-Eとも交戦しこれを大破させるも、直後に分離したガンダムエクシアの強襲を受け本機も大破。アレハンドロはアルヴァアロンで戦闘を継続している。
機動戦士ガンダム00N
第8回で本機と擬似太陽炉について語られている。
劇場版 機動戦士ガンダム00
映画「ソレスタルビーイング」にて登場しており、アルヴァアロンの支援機のような扱いとなっている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

GNフィールド
GN粒子で形成されたバリア。高出力で様々な攻撃を防ぐ事ができるが、エクシアのGNソードを始めとする実体剣の前には無力だった。
耐ビームコーティング
耐ビームコーティング効果を持つ装甲。ただし、条件がそろわないと効果がない。
分離
アルヴァアロンに分離可能。

武装・必殺攻撃[編集]

GNビーム砲
両側面に11門ずつ、計22門を内蔵。主に弾幕を張る用に使用される。
大型GNキャノン
機首部に1門内蔵。射程が長く、威力も絶大。劇中では一撃で巨大なデブリを破壊し、プトレマイオスに掠めただけで致命傷を負わせている。
GNビームライフル
機体中央に2本内蔵されている副砲。長い砲身部のみが出ている形になっている。実はアルヴァアロンの携行武装として操作されており、フレキシブルに可動する。
格闘用巨大アーム
機体左右に収納されている格闘用の大型クロー。出力が高く堅固な構造となっている。
大型GNファング
後部に6基を格納。アレハンドロが扱いやすいよう、誘導式ビーム砲としての機能のみに限定されており、ビームサーベルなどは形成できない。

対決・名場面[編集]

GNアーマー

関連機体[編集]

アルヴァアロン
コアユニット。
エンプラス / レグナント
開発に本機のデータが使用されている。

余談[編集]

  • ゲーム「SDガンダム GGENERATION WARS」では、GNフィールドでコロニーを破壊するほどの威力を持つリーブラの主砲を防ぐというとんでもない行動に出ている。しかも、本当に防ぎきった
  • アレハンドロ役の松本保典氏はかつてSDガンダム外伝シリーズにおいて、スダ・ドアカ・ワールドを守護する黄金の竜神「スペリオルドラゴン」を演じた事がある。

商品情報[編集]

フィギュア[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]