ジェノアス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェノアス
外国語表記 Genoace
登場作品 機動戦士ガンダムAGE
デザイン 海老川兼武
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツモビルセキュリティ
型式番号 RGE-B790
全高 18.0m
本体重量 41.2t
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
母艦 ディーヴァ(ラーガン機)
主なパイロット
テンプレートを表示

概要 [編集]

地球連邦軍が開発した量産型モビルスーツ。警備用のモビルセキュリティに分類される機体で、「銀の杯条約」が定められた後に開発が行われた。

デスペラード等のモビルスタンダードをベースとし、他のモビルセキュリティやモビルスポーツで培われた技術を使用して造られている。それ故、条約後の地球圏で製造されたMSの中では最高水準の性能を誇り、あらゆる場所で運用できる高い汎用性や様々な改造に対応可能な程の余裕のある設計から来る拡張性の高さが特徴である。加えて、後年にアデルシャルドール改等といった新型量産機が配備されるようになってからも本機の系列機を愛機とするパイロットがかなり多く、その操作性や信頼性の高さも伺える事から「連邦軍MSの傑作機」という声も聞かれる。

頭部はクリアブルーのバイザーで覆われていて、その下には旧式の単眼型メインカメラを備える。基本フレームはデスペラードの物が流用された。

ガフランを始めとするUEMSと比較して火力と装甲で大きく劣っており、そのせいで非力な機体であると言う印象を与えてしまうのだが、逆に言えばその二点さえ補う事ができればヴェイガン系MSにも十分対抗可能である。

本機はアリンストン基地に配備された機体であり、オレンジと白のツートンカラーになっている。カラーバリエーションとして白とブルーグレーで塗装された第8宇宙艦隊所属機が存在し、エース用にカスタマイズされた機体も造られている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第一部)
主なパイロットはラーガン・ドレイススペースコロニー・ノーラを攻撃してきた3機のガフランを迎撃するが、そのほとんどが撃破、あるいは戦闘不能に陥っている。その後、ラーガン機はディーヴァの艦載機となり、ファーデーンやミンスリーで胴体装甲の二重化やドッズガンの装備などの強化が加えられ、量産機で初めてガフランを撃墜しアンバット攻略戦まで戦い抜いた。ファーデーンでガンダムAGE-1 ノーマルデシル・ガレットに奪われた際にはフリット・アスノも搭乗している。
ガンダムEXA VS

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビームスプレーガン
本機の主兵装。後部にエネルギー・カートリッジが採用されており、銃口の下部にはセンサーが設置されている。威力は高くなく、近距離で発射してもUEのMSの装甲の前にはまるで歯が立たない(しかし、比較的脆弱であろうセンサーやコクピットが位置している頭部をスプレーガンの射撃から守る描写が存在し、全くの役立たずという訳ではないと思われる)。小説版では貫徹力が高く、チタニウム製の装甲をも撃ち抜けるとされるが、やはりUEのMSには通用しない。
ヒートスティック
警棒のような実体武器で、不使用時はシールドにマウントされている。こちらもUEのMSには効果が無い。小説版では、スラスターを狙って殴りつければ隙を作るくらいの事は可能とされている。
シールド
主に左腕に装着されている。またヒートスティックのラックも兼ねている。
ドッズガン
ラーガン機にミンスリーにて追加された新たな主兵装。ガンダムAGE-1 ノーマルのドッズライフルを基にして造られており、高い威力を持つ。これによって、ようやくUEのMSに対抗できるようになった。
ビームサーベル
小説版で一部の機体が装備している武装で、ガンダムAGE-1 ノーマルGエグゼスが装備している物と同型。ラーガン機も装備していたが、最後まで使用する事はなかった。ちなみに、ガンプラではヒートスティックの刀身を差し替えてビームサーベルとする事ができるようになっている。また当初はビームサーベルも装備しているという設定であったが、現在では無かった事になっている。

対決・名場面[編集]

機動戦士ガンダムAGE[編集]

バクト
第7話より。新型モビルスーツ、バクトに挑むフリットだったが、AGE-1 ノーマルの武装を悉く跳ね返すバクトの前に苦戦を強いられる。しかし、そこへラーガンのジェノアスが到着。フリットに新型ウェアへの換装を促し、時間を稼ぐべくバクトに果敢に挑む。ガンダムの攻撃すら効かない相手に必死に喰いかかるラーガンだったが、遂に止めを刺される寸前にまで追い込まれ、死を覚悟する。その瞬間、上空から現れた機体が轟音と共にバクトを殴り飛ばした。その姿こそ、進化したガンダムの姿だった。

ガンダムEXA VS[編集]

進化の芽を守るために
ガンダムEXA VS』より。マーズIのコンクエストを阻止するためにテミス・キロンはジェノアスに搭乗。フリットAGE-1が出撃するのを制止しようとするも、性能差でAGE-1は倉庫から出ていってしまう。
リフェイザー・タキオンが撤退後、マーズIのアル・アダザ・ガンダムに搭乗して襲撃を始めた。テミスはフリットに「君が救世主になるんだ」と激励しジェノアスで共に立ち向かうも、あまりの実力と性能差により一撃でAGE-1とジェノアスは両断される。
しかし、テミスとジェノアスの存在によりアル・アダのフリット殺害は結果的には防がれた。テミスの勇気はフリットと未来を守ったのだった。

関連機体[編集]

ジェノアス タイプ791
小説版に登場。別名「本国型」で、小規模な改装が行われている。
ジェノアスカスタム
ウルフ・エニアクルの専用機。
ジェノアスキャノンジェノアス (コマンダータイプ)ジェノアスタンク
小説版に登場したバリエーション機。
ジェノアスフォックスカスタム
フォックス専用のカスタムタイプ。
コテツジェノアス
コテツ・サカイ専用のカスタムタイプ。
ジェノアス訓練機
アーケードゲーム『ゲイジングバトルベース』に登場する訓練用のジェノアス。
ジェノアス・テリオ、ジェノアス・カロ
ゲーム『機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル / コズミックドライブ』に登場するカラーバリエーション機。
ジェノアスII
ウルフのジェノアスカスタムをベースとした後継機。
アデル
ジェノアスに代わる主力機。
クランシェ
アデルに変わる主力機。シールドに武器を装備するなど、共通点を持つ。
デスペラード
基本フレームはこの機体から流用している。
ガンダムAGE-1 ノーマル
新装備「ドッズガン」はこの機体の技術を使っている。

商品情報[編集]

プラモデル [編集]

リンク[編集]