地球連邦軍 (AGE)

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

地球連邦軍(Earth Federation Force)[編集]

機動戦士ガンダムAGEに登場する組織。

A.G.101年の天使の落日の後に地球連邦政府が設立した軍隊(それ以前にも同様の軍隊は存在していたが、コロニー国家戦争終結時に解体されている)。
地球圏最大規模の軍隊であり、戦闘用モビルスーツや宇宙戦艦等の兵器を多数保有している。 1つの艦隊は約10隻、1小隊は5機編成。 第一部以前から存在しているが、その頃は「銀の杯条約」で全ての兵器及び本格的な軍事技術を廃棄していた事や天使の落日以降に開発したMSは銀の杯条約に沿っている為、敵であるUEヴェイガン)と比べて技術力が著しく低い。UEの侵攻が始まると共に再編され、再軍備を開始しているがMSの圧倒的な性能差によって「天使の落日」より14年間、一度もUEに勝利していない。

ガンダムAGE-1の投入以降は何とかヴェイガンのMSに対抗しうる戦闘力を持った武器や量産機を実戦投入して行くものの、常に技術力(AGEシステム系の技術力は例外)やXラウンダー研究や戦闘配備、非Xラウンダーでも疑似的に能力を引き出すサイコメット「ミューセル」の等を実用化するヴェイガンには戦闘力で劣っている為に優秀な指揮官や部隊内での連携といった集団戦法でかろうじて渡り合っている。しかし、徐々に勢力圏を奪われつつあるとの事。
更には長きに渡る戦争で軍の内部は腐敗しており、海賊紛いの行為をする部隊やヴェイガンと通じる部隊まで現れている。

宇宙世紀の方は地球連邦軍 (UC)を参照。
西暦の方は地球連邦軍 (00)を参照。

規模
地球圏で最大を誇る。
知名度
知らない者はいない。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第一部)
各地でUEとの戦いを繰り広げているが、有効打撃を与える事の出来る武装に乏しいため、敗退続きである。また、相手がほとんど散発的に宇宙コロニーを攻撃しているだけという状況もあり、危機感の無い軍人がかなり多く、どこか消極的であった。
小説版では一部の軍人が辺境コロニーへの攻撃は政府内の危機感を煽り、軍事予算獲得に利用できるため歓迎しているなど、巨大な組織故に既に腐敗が生まれている。また、再軍備完了の段階で、対UE対策が完了したとの意識が蔓延しているのも、危機感の欠如に繋がっている。
機動戦士ガンダムAGE(第二部)
フリット・アスノが総司令部「ビッグリング」の司令官となり、ヴェイガンが本格的に侵攻し始めた事やアデル等の新型機が配備され始めた事もあってか、戦時中という意識が高まり、積極的に戦っている。ヴェイガンの勢力圏は徐々に拡大されていたが、ビッグリングを初めとした軍の重要拠点に大規模な攻撃こそあったが、フリットによって落とされる事は無かった。特にノートラム攻防戦で地球連邦軍が大勝するとヴェイガンの制宙権は大幅な後退を強いられる事となった。
首都ブルーシアフロイ・オルフェノアが逮捕された事を皮切りにフリット・アスノを中心に粛正委員会が結成され、ヴェイガンと繋がりを持つ政府高官や軍上層部の内通者達を粛正していく事で組織の浄化が行われた。
機動戦士ガンダムAGE(第三部)
フリットが軍を退役している為、後釜にフリットの腹心の部下であったアルグレアスが就いている。粛正委員会による粛正が行われて以降もヴェイガンと内通する者が後を絶たず、それらの部隊は宇宙海賊ビシディアンによって密かに潰されていた。
A.G.164年の「勇気の日」に総司令部のビッグリング基地がヴェイガンの宇宙要塞ラ・グラミスの攻撃で破壊されて地球軌道上を抑えられてしまい、それと同時に地球上に身を潜めていたヴェイガン部隊の一斉蜂起によって地上の40%を制圧される。当時の連邦軍総司令官であったフレデリック・アルグレアスはこの時ロストロウラン基地に滞在していた為に難を逃れており、彼の発令で同基地を臨時の総司令部として機能させる事になる。
そのロストロウラン基地もスパイによって場所が特定され、ヴェイガンの大規模な攻撃を受けるが何とか守り切っている。
小説版ではフリットがアセムの死をきっかけに引退してしまった事から連邦政府及び軍の改革も中途半端なものとなってしまい、軍全体が弛緩しており、組織の統制に問題が生じている。軍が違法に企業経営を行い、利益を貪っている事例が存在するが、それすらまだマシなレベルで中には艦隊が丸ごとヴェイガンと内通していたというとんでもない事例まで存在している。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
ヴェイガンの一斉蜂起の際に月のルナベースがヴェイガンに寝返ったことを知り、同基地の奪還作戦を敢行して成功させる。
続く宇宙要塞ラ・グラミスの攻略作戦では予備役となっていたフリット・アスノが現役復帰して指揮を執りヴェイガンとの最終決戦を行った。

構成要素[編集]

関連地名[編集]

アリンストン基地
第一部にて登場した、ガンダム開発を担っていたスペースコロニー・ノーラの軍事基地。配備された正規軍兵力はジェノアス数機と自走ロケット砲のみであった。
ファーデーン
表向きは平和なコロニーだが貧富の差が激しく、ザラムとエウバの両陣営による内戦状態となっている。連邦軍も駐留しているが、この内戦には不干渉を決め込んでいる。
ちなみに通常のコロニーより約2倍近くデカいという超巨大コロニーでもある。
トルディア
ノーラ崩壊後にフリット達が移住する筈だったコロニー。2部ではアスノ邸が存在している。基本的に警戒が厳重なコロニーらしいが、A.G.140年から断続的にヴェイガンの襲撃を受ける。一時期はウルフも基地に配備されていたことがある。
ビッグリング基地
第二部にて登場。宇宙における連邦軍総司令部で、フリット・アスノが総司令を務める。第三部ではヴェイガンの要塞ラ・グラミスの攻撃により破壊されている。
ノートラム
地球に最も近い低軌道上にあるスペースコロニー。兵器工廠等の主要な施設がある為、A.G.141年にヴェイガンの大規模な侵攻を受けるが阻止されている。
オリバーノーツ・アクト3基地
地上の北米地域の都市『オリバーノーツ』の基地。A.G.164年のヴェイガンの一斉蜂起の際にゼハートの部隊の襲撃を受けるが起動したガンダムAGE-3の戦果によってオリバーノーツは守られる3部以降のディーヴァのクルーは本基地勤務の軍人である。基地司令はアンディ・ドレイムス。
ロストロウラン基地
第三部に登場。南米の大森林の地下にある連邦の一大軍事拠点。壊滅したビッグリング基地に変わり、暫定的に連邦軍総司令部となる。シャナルア・マレンの行った情報漏洩によって位置が特定され、ゼハート・ガレット率いるヴェイガンの攻撃を受ける。
ルナベース
月面に存在する地球連邦軍基地。ロストロウラン攻略戦の直後に基地司令官のアローン・シモンズが裏切り、ゼハート率いるヴェイガンの駐留基地と化すが、後に連邦軍が奪還作戦を行い奪還される。

関連組織[編集]

地球連邦政府

歴史[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]