シャナルア・マレン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

シャナルア・マレン(Shanalua Mullen)[編集]

地球連邦軍のアビス隊に所属するクランシェのパイロット。ディーヴァにおいてはキオの教育を引き受け、戦争の実感がなかった彼に厳しい現実を教える等、パイロットとしても人間としても彼を成長させるきっかけとなった。

かつて両親を戦争で失い、残された妹も難病で苦しんでいるのだが、その為に過酷な決断をする事になる。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第三部)
アビス隊のMSパイロットとしてオリバーノーツ基地に配属されていた。後に出港するディーヴァに転属となる。その後はキオのMSの操縦を指導する。キオからは姉のように慕われていくが、妹の治療費を稼ぐためにヴェイガンに金で雇われてロストロウランの位置情報を送ってしまう。その事が露見するとクランシェにて逃亡。行くあてもなく戦場を彷徨っているとキオに追いつかれてディーヴァに戻るように説得されるが、死ぬ訳にはいかないと拒絶した。だが、キオの説得の道中に襲撃して来たダレストウロッゾからキオを庇い相打ちとなり戦死する。
機動戦士ガンダムAGE ~クライマックスヒーロー~
こちらではシャナルアはスパイとしては描かれていないうえ、無茶な操縦をするキオをかいがいしく説教する鬼教官として描かれており、彼に大量の特製ホットケーキを食わせ、大量のミルクを飲ませた。

人間関係[編集]

キオ・アスノ
生きのびるためのMSの操縦を教える。姉のように慕われていた。
セリック・アビス
上官。自身の身の上は殆ど話していなかったようだ。
デレク・ジャックロウ
ジョナサン・ギスターブ
オブライト・ローレイン
アビス隊の仲間。
フリット・アスノ
戦闘の混乱に乗じて逃亡したシャナルアを事実上見逃そうとした。ゲーム版および小説版では、シャナルア殉職後に彼女の妹へ治療費を送ったことが示唆される。
ダレスト・グーン
ヴェイガンの兵士。シャナルアに金を渡してスパイ行為をさせていた。最後はシャナルアと相打ちとなる。

名台詞[編集]

「キオ、家族は大事にしとくもんだよ」
家族と連絡を取ろうとしないキオに対してのセリフ。両親を戦争で亡くし、妹も病気である為、家族の大切さを知っているがこその言葉。
「キオ……死んじゃだめだよ……どんなことがあっても……歯ぁ食いしばって必ず……生き残るんだ……あんたならやれる。強く……なるんだよ……」
シャナルアの最後のセリフ。キオにとって身近な人間の死を初めて体感した瞬間。
「キオ……あんたならやれる」
死後、キオが最後のプラズマ粒子爆弾の撤去する時に爆発までの時間が残り少なかった為にキオが諦めかけ、ふとシャナルアの事を思い出した時のセリフ。この言葉によってキオは奮起し、爆発までにロストロウランの上空にプラズマ粒子爆弾を投げて爆発させる事に成功した為、この言葉によってロストロウランが守られたと言っても過言ではない。

搭乗機体・関連機体[編集]

クランシェ
搭乗機。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]