ウロッゾ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

ウロッゾ(Wrozzo)[編集]

ヴェイガンが開発した量産型モビルスーツ
外見がゴメルとよく似ており、同じように可変機構や地上でのホバー走行による高い機動性も有している。この為、ゴメルとは共通の設計データから派生している。カラーリングは指揮官機が薄紫色で一般機がダークグリーンで赤く塗装されXラウンダー用の調整がされているゼハート専用機も存在する。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第三部)
ロストロウラン基地の攻略作戦で多数が投入された。中には深紅のゼハート専用機やダレスト機やレイル機の薄紫の機体なども存在する。ダレスト機は途中で発見したガンダムAGE-3 フォートレスに挑むがシャナルアが間に割って入りシャナルアのクランシェと相打ちになっている。機体の一部にはウロッゾキャノンをプラズマ粒子爆弾に変更された機体も投入され、戦闘時に破壊されたと装いロストロウラン内部に乗り捨ててロストロウランを破壊しようとされたが、連邦軍に気づかれて爆弾を停止させられるか、基地の外に運びだされて爆発させられた為、失敗に終わっている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形機能
潜水形態への変形が可能。

武装・必殺攻撃[編集]

シグルクロー
武器用の爪。両手に5本ずつ、計10門固定装備されており、使用時に爪が発光する。両手はゼイダルスの改造。
ウロッゾキャノン
胸部に装備されている。
ミサイルランチャー
両腕部に装備されている。ドラドドラドLの両腕部のシールドを改造したものである。
プラズマ粒子爆弾
ウロッゾキャノンを取り外して装備される。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ウロッゾR
ゼハート専用機。
ゴメル
ダナジン
頭部が同形状をしている。
ガフラン
ドラド
ゼイダルス
両手の改造バージョンである。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]