ゼイダルス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

xvm-mzc ゼイダルス(Zeydalus)[編集]

ヴェイガンが開発したモビルスーツ
メデル・ザントの専用機で、両手にシグルクロー、尾部先端にシグルブレイドが装備されている。この事から、本機は接近戦を主眼に置いた仕様となっているようである。
胴体部はドラドのそれに似た形状となっているが、関連性は不明。
同時期に運用されていた他のヴェイガン製MSには見られない特徴として、スリットが横一線ではなく縦に三本並べられた頭部センサーやビームバルカンの無いマニピュレーターが挙げられる。ビームバルカン無しの場合はゴメルウロッゾにも見られる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE
パイロットはメデル・ザント
地上に潜伏していた彼がブルーシアでの式典を襲撃した際に搭乗しており、多数のアデルを次々と撃破していった。そして用済みとなったフロイ・オルフェノアを口封じの為に始末しようとするが、アセムガンダムAGE-2に阻止され、撃破されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

電磁装甲
装甲の表面に電磁シールドを展開して防御する地球連邦軍のMSの主力武装であるドッズライフルすらも拡散・無効化する事が出来るが、打撃を始めとする物理攻撃を受けた際の衝撃は普通に通ってしまう。また、前腕部等の一部分にしか展開できない為、使い勝手が悪い。

武装・必殺攻撃[編集]

シグルクロー
両手に装備された鋭い爪で敵機を貫く。
名称から地球連邦軍のスパローウェア等で採用された「シグルブレイド」の技術を使っていると思われるが、どこから入手したのかは不明(小説版では、テクノソロン社を通じて技術流用されたものとなっている)。ステーキナイフ状のクローでありながら、優れた切断力を持つ。
シグルブレイド
尻尾の先端に装備されている小型の実体剣。フレキシブルに可動する為、様々な方向に攻撃が可能。
こちらも地球連邦軍の技術が使われていると思われる。切断用ではなく敵機を串刺しにするための武器。
拡散ビーム砲
胸部に1門内蔵している。

対決・名場面[編集]

ガンダムAGE-2 ノーマル (特務隊仕様)

関連機体[編集]

ドラド
胴体の形状が似ている。
ガンダムAGE-1 スパロー
シグルブレイドを初めて装備した機体。
ゴメル
ウロッゾ
直接的な関係はないがシグルクローを受け継いでいる。
ディエルガ
頭部の形状が似ている。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]