フロイ・オルフェノア

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

フロイ・オルフェノア(Froi Olfenoa)[編集]

地球連邦政府の首相。
実家のオルフェノア家は政府名門であるが、裏でヴェイガン側と内通しており、その莫大な情報提供料を基に現在の地位を築いていた。

火星移住計画立案者で隠蔽工作にも関わったシュトレイト・フォンドール博士の血縁でもあり、その事実を隠してきたが、それは政治家生命を脅かす事実であり、それをネタにしてヴェイガンに脅される事になる。

自身はイゼルカントとの交渉によって地球は今まで大打撃を受けずに済んだと思っていたが、ブルーシアでの式典中にヴェイガンによってスパイとして連邦の腐敗を見せつける為に殺されそうになる。

また、アラベル・ゾイによるグルーデック・エイノアの殺害も彼の手引きによるものだとされている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第二部)
地球連邦政府の首相。アセムの入隊式で訓示を述べる。A.G.142年の連邦首都ブルーシアでの追悼式典にてフリットにヴェイガンとの内通者である事を暴露され拘束された。その後、連邦反逆罪により極刑となる。

人間関係[編集]

フェザール・イゼルカント
フリット・アスノ
アラベル・ゾイ

名台詞[編集]

「私が地球を売っただと?」
「なぜだ?なぜ、私を殺さねばならんのだ?」
「その働きがあったこそ、地球とて、破滅的な被害を免れていったのではないか!?私がただヴェイガンに通じるだけでなく、地球のための折衝をイゼルカントと続けたからこそ……。」

搭乗機体・関連機体[編集]

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]