2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

アデル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アデル
外国語表記 Adele
登場作品 機動戦士ガンダムAGE
デザイン 海老川兼武
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
型式番号 RGE-G1100
全高 18.0m
重量 42.4t
主動力 プラズマバッテリー
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
主なパイロット 地球連邦軍一般兵
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍の量産型モビルスーツ。薄い緑と白のツートンカラーで塗装されている。
ジェノアスの後継主力機としてガンダムAGE-1の基本フレームや基本設計を基に開発された、いわば「量産型ガンダム」。
その為、ウェア換装も可能でAGE-1のウェアとも互換性があり、作戦に応じてウェアを換装する事が可能でジェノアスIIシャルドール改よりも高い汎用性を持つ。
また、性能はベースとなったガンダムAGE-1を凌駕する性能を持つが、実戦経験豊富な熟練パイロットや民間出身のパイロットは乗り慣れたジェノアス系やシャルドール系を好み、エース級のパイロットにはGバウンサーが配備されていたため、必然的に実戦経験の少ない新兵に配備される事が多かった。AGEシステムは技術解析が進まず、AGEシステムに必要不可欠なAGEデバイスの量産が実現しなかった為に搭載されていない。
頭部のセンサーはツインアイで、その上からバイザーを被せている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第二部)
連邦軍の新たな主力機として各地に配備されている。
スペースコロニー・トルディアではゼハート・ガレットゼダスRと交戦しているが、歯が立たずに全滅している。ビッグリング攻防戦ではフリット・アスノの作戦に従ってジェノアスIIシャルドール改と共に連携攻撃でマジシャンズ8ゼダスMを完全に抑え込む活躍を見せた。
ブルーシアでの式典にも何機か配備されていたが、メデル・ザントゼイダルスの襲撃で一方的に破壊されている。
機動戦士ガンダムAGE(第三部)
アデルマークIIの開発で既に旧式化しているがオリバーノーツやロストロウランでは現役で使用されている。
ロストロウラン防衛戦ではタイタスウェアやGバウンサーのテールバインダーを装備した機体も確認出来る。
機動戦士ガンダムAGE トレジャーハンター
リュウジ・リュウザキが搭乗している。なお時系列的にはアニメの第1部に該当するため本来なら本機は存在していない。リュウジは本機に搭乗して未来から来たが、その未来では本機はすでに旧式となっているとあったため、第3部に該当する時代から来たと推測できる。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
Gウェアの換装が可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ドッズライフル
本機の主兵装。ガンダムAGE-1 ノーマルの物を基にして新規設計され改良が加えられた高精度センサーを内蔵した新型バレルを採用している。この為に精密射撃モードはオミットされ、AGE-1のドッズライフル以上の精密射撃が威力を落とす事なく可能となっている他、生産性も向上した。
ビームサーベル
接近戦用の武装で、両腰に1基ずつマウントされている。ビームダガーとして使えるかは不明。
AGE-1とは違いウェアを換装しても使用可能。
シールド
防御用の装備で、AGE-1 ノーマルと同じ物。主に左腕に装着される。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アデル (ディーヴァカラー)
ディーヴァに配備されているカラーバリエーション。
アデル タイタス
タイタスウェアに換装した形態。
アデル スパロー
スパローウェアに換装した形態。
アデルキャノン
キャノンウェアに換装した形態。
アデル スタークス
スタークスウェアに換装した形態。
アデルマークII
後継機。グランホイールを装備した陸戦機。
アデルマークII (宇宙用)
グランホイールをスラスターに変更した宇宙戦用。
ガンダムAGE-1 (ダイキVer.)
本機を元に開発したAGE-1のレプリカ。
ガンダムAGE-1 ノーマル
ベース機。
Gバウンサー
アデル同様ガンダムAGE-1が原型機で、こちらはスパローをベースとして設計されている。

商品情報[編集]

リンク[編集]