アデルキャノン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アデルキャノン
外国語表記 Adele Canon
登場作品 機動戦士ガンダムAGE
デザイナー 海老川兼武
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
型式番号 RGE-G1100C
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
主なパイロット 連邦兵
テンプレートを表示

概要 [編集]

地球連邦軍の量産型モビルスーツアデルに砲撃戦用ウェア「キャノンウェア」を装備した状態。

高い火力を活かした砲撃戦や火力支援を得意としている。砲撃時の姿勢制御用として、両膝にはアンカーが装備されている。

ガンダムAGE-1には砲撃戦用のウェアがない事から、連邦軍の技術者が独自に開発したウェアだと思われる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第二部)
ビッグリング基地等に配備されており、主に後方支援を行っていた。
機動戦士ガンダムAGE(第三部)
アデルマークIIの開発で既に旧式化しているが、オリバーノーツロストロウラン基地では現役で運用されている。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
ラ・グラミス攻防戦等で実戦投入されているのが確認されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
Gウェアの換装が可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ドッズキャノン
本機の主兵装。肩に一門ずつ装備されており、ドッズライフル以上の威力を誇る。後部にはエネルギーパックが設置され、ここからエネルギーを供給する仕組みである。リアスカートには予備のエネルギーパックが2基装着されている。
ビームサーベル
接近戦用の武装で、両腰に1本ずつマウントされている。ビームダガーとして使えるかは不明。
AGE-1とは違いウェアを換装しても使用可能。
3連装ミサイルポッド
肩に1基ずつ、計2基装備されている。主に精密射撃や牽制といったドッズキャノンに向かない攻撃を行う際に使用される。
シールド
両腕に装備されている防御用の実体盾。サイズは小型。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アデル
通常装備。
アデルマークIIキャノン
キャノンウェアを装備したアデルマークII (宇宙用)。『MOE』に1シーンのみ登場したが直後に撃墜されている。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]