ダナジン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダナジン
外国語表記 Danazine
登場作品 機動戦士ガンダムAGE
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型可変モビルスーツ
型式番号 ovv-af
全高 18.4m
本体重量 69.5t
開発組織 ヴェイガン
所属 ヴェイガン
主なパイロット ヴェイガン兵
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ヴェイガンの量産型可変モビルスーツバクト直系の発展機で、ガフランの特性も取り入れた機体となっている。

本機は地球上への直接侵攻を前提に設計された機体であり、人型から大きくかけ離れたドラゴン型の機体となっている。これにより自然が生み出した地上の過酷な地形を物ともしない踏破能力を獲得している。また、一世代前のドラドではオミットされていた可変機構が再度投入されており、翼状の可動式スタビライザーが大型化したことで、重力下における航続距離も飛躍的に向上している。可変時には頭部左右のスタビライザーを閉じ、脚部を収縮する。鈍重そうな外見とは裏腹に俊敏な動作が可能であり、高いパワーも合間って対モビルスーツ戦も得意としている。地球上での運用を前提をした機体ではあるが、宇宙空間でも問題なく運用可能である。

武装の内蔵火器は生産性の問題から数世代前の物を改良して装備しているため火力はそこまで向上しておらず、地上では中距離支援機と共に運用されることが多い。

作中ではセリック・アビスから「恐竜野郎」と呼ばれた事がある。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダムAGE(第三部)
A.G.164年時における地球侵攻作戦での主力機であり、オリバーノーツを始めとする地球の各地域で地球連邦軍のMS部隊と交戦している。なお、中距離支援用の機体と連携運用されている事が多いという。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
引き続ドラド等と共にルナベースやラ・グラミスに配備されるが、多くがガンダムAGE-FXに無力化されるか連邦軍のMSに撃破されている。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

電磁シールド
装甲の表面に電磁シールドを展開することでビームを防御する。地球連邦軍のMSの主力武装であるドッズライフルすらも拡散・無効化する事が出来るが、打撃を始めとする物理攻撃を受けた際の衝撃は普通に通ってしまう。また、前腕部等の一部分にしか展開できない為、使い勝手が悪い。
変形
高速飛行形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

ビームバルカン
両掌に1門ずつ、計2門内蔵されている小型ビーム砲。
ビームサーベル
ビームバルカンの砲門から発振される近接武装。
ビームシューター
顎部に1門内蔵されている速射式ビーム砲。ビームバルカンと同様にビーム刃の発振が可能。
ダナジンキャノン
腹部に1門内蔵されている高出力ビーム砲。
ダナジンスピナー
腰背部に1基装備されている頑丈な尾。先端が槍のように鋭くなっており、打突武装として使用される。
ワイヤー
腕部に装備されるオプション兵装。相手の捕縛等に使用され、射出後にネットを展開する。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

別仕様・カラーバリエーション[編集 | ソースを編集]

ダナジン (パープル)
指揮官機カラー。
ダナジンPH
ゲーム版でパープルカラーに代わって登場した指揮官機。
ガニア・ダナジン
ゲーム版でのみ登場するダナジンの上位機種。機体カラーは黄色。

系列機・派生機[編集 | ソースを編集]

グルジン
局地戦仕様に改修された機体。
バクト
本機の前身にあたる機体。

技術的関与が疑われる機体[編集 | ソースを編集]

ガフラン
本機に機体特性が取り入れられている。
ドラド
本機より一世代前の量産機。

その他[編集 | ソースを編集]

エルドラダナジン
ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するダナジンベースの機体。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガンプラ[編集 | ソースを編集]

資料リンク[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]