デレク・ジャックロウ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

デレク・ジャックロウ(Derek Jacklow)[編集]

地球連邦軍MSパイロット。過去に部隊が自分を残して全滅した過去を持ち、震える手を抑えつつも戦っている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第三部)
ディーヴァが出港した際にアビス隊に配属され、仲間達と戦う。ロストロウラン基地到着後の戦闘で出撃前にブリッジからシャナルアがスパイだと知らされ、その事をセリックにも伝えるが、脱走を阻止する事はできなかった。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
ラ・グラミス攻略作戦時に敵の戦闘艦の砲撃がおかしい事に気がつき、確認の為に戦闘艦に接近。その直後、発射されたディグマゼノン砲に呑み込まれて戦死した。しかし、その行動によって敵の戦い方に違和感を持っていたフリットが敵の狙いに気がついた為、最悪の事態は避けられている。

人間関係[編集]

セリック・アビス
上官。
キオ・アスノ
シャナルア・マレン
オブライト・ローレイン
ジョナサン・ギスターブ
アビス隊の仲間。
ジラード・スプリガン
ゲーム版では「レイナ・スプリガン」だった頃の彼女を知っており、「どこにでもいる普通の美人だった」と評している。

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

クランシェ
搭乗機。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]