ジラード・スプリガン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジラード・スプリガン(Girard Spriggan)[編集]

地球連邦軍内でエースパイロットと言われていた女性。
元は新型MSのテストパイロットだったが、テスト中に婚約者のジラード・フォーネルを事故で失う。
その後、その事故は上官による故意に起こされた物だと知り、上司に報告するがもみ消された上に口止めとして二階級の特進をさせられ、更には事故の責任を全て彼に押し付けられた。それにより連邦軍に絶望し、復讐の為に婚約者の名前を名乗り、ロストロウラン攻略作戦と同時に始まったアローン・シモンズのルナベース基地乗っ取りに乗じてヴェイガンに加担した。
キオと同じく、劇中においては数少ない、連邦とヴェイガン双方の実情を知る人間の一人(但し、キオのようにヴェイガンの事情を深く知っている訳ではなく、逆に連邦軍の暗部を知っている)。
連邦軍のルナベース奪還作戦時にヴェイガンの側として参戦する。その際にキオと交戦し、ヴェイガンの事情を知る者としてキオに対話を持ちかけられるも拒絶する。その戦闘時に過去の事故で受けた傷が原因でXラウンダー能力が暴走、戦場内のXラウンダー能力で制御されているビット兵器やCファンネルのコントロールを奪い、無差別に攻撃する。そして、最後はフリットによって撃たれて戦死した。

小説版では自らヴェイガンに協力してルナベースを制圧。それが済むと、かつて婚約者を失った事故に関与した将校達を自らの手で悉く処刑した。ルナベース攻防戦ではXラウンダー能力の暴走を起こす事なく、ルナベースが奪還された事でヴェイガンと共に撤退している。
その後のEXA-DBの争奪戦で連邦軍と交戦する中、ガンダムAGE-FXのFXシステムとティエルヴァのシステムが共鳴して機体が暴走したところをフリットのガンダムAGE-1 グランサによって撃墜され戦死している。
また、乙女の雰囲気を見せるフラムに対して自らが持っていたベルギーの高級チョコレートに由来する「血塗られた歴史」を語り、直後に彼女の唇を奪うなどもしている。


登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第三部)
名前のみ登場。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
ヴェイガンの女性パイロットとして登場。ヴェイガンの拠点と化したルナベース所属の連邦軍大佐だったが、婚約者をテスト中の事故で失い、事故の事実を隠蔽した地球連邦への復讐心からヴェイガン側に寝返り、キオ達の前に立ち塞がる。

人間関係[編集]

ゼハート・ガレット
ルナベース基地を奪取した司令官。
アローン・シモンズ
ルナベース基地の本来の司令官。ジラードの連邦軍への憎しみを利用し、ヴェイガンに寝返らせた。しかし、皮肉にも婚約者の事故を隠蔽した上層部の一人であった。
キオ・アスノ
戦闘中に対話して来るが、拒絶する。
フリット・アスノ
フラム・ナラ
ジラード・フォーネル
婚約者。共にテストパイロットだったが、テスト中に死亡する。死後は彼の名を名乗っている。

名台詞[編集]

「私は連邦にうんざりしただけよ! 保身しか頭にない、薄汚れた軍人達にね!」
「坊や、何を甘いこと言ってるの?この力は戦う為の物!復讐を遂げる為の物!」
Xラウンダーを戦いを止める為に使おうとするキオに対してジラードはXラウンダー能力を復讐の為に使おうとしていた。
「夢は見ない方が良いわよ」
ゼハートと共にエデンと言う夢を見るフラムに対しての台詞。かつて、恋人との幸せな夢を奪われたジラードだからこその台詞。
「そうよ、私はレイナじゃない…!」
慷慨するフリットに罵られ、応えた台詞。悲しき過去を捨てきれない彼女は、以前のような大らかな性格と共に名前を捨てていた。
「私は彼と共にここにいる!私の名はジラード……ジラード・スプリガン!」
憎しみと共にレイナの名を捨てた瞬間の台詞。
「そろそろ気づきなさい!分かり合いたくない人間もいるって!」
どこまでもジラードと対話し、分かり合おうとしたキオを拒絶する台詞。
「やめてあげても良いわよ……その代わり、あの人を……私に返して……」
Xラウンダー能力を暴走させている最中にジラードを止めようとしたキオに対する台詞。

搭乗機体・関連機体[編集]

ティエルヴァ
搭乗機。
テスト用MS
テストパイロット時の搭乗機。Gバウンサーをベースにしている。
ガンダムAGE-3 ノーマル
ディーヴァが宇宙に上がる直前、ジラードの管理下に置くよう命令が届いていた。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]