キオ・アスノ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

キオ・アスノ(Kio Asuno)[編集]

地球の都市・オリバーノーツに住む少年。フリット・アスノの孫であり、アセム・アスノを父に持つ。
茶髪と翠眼が特徴で、早期からXラウンダーとしての高い資質を見せている。
生まれて間もなくアセムが行方不明となり、その後の13年間をフリットやロマリーユノア達に育てられていた。とりわけ祖父であるフリットを慕っていて、フリットの開発したガンダムを最強のMSとして強い憧れを抱いている。ガンダムパイロットを勤める主人公としてはウッソと並びシリーズ最年少の13歳。
2期終盤から眠りについていたゼハートの覚醒により活発化したヴェイガンに対抗する為、祖父の導くまま戦いに参戦する。戦争を経験するにはあまりに幼く、またゲーム感覚でモビルスーツを扱えるよう意図したフリットの教育と重なり、当初は敵の撃破が同じ人間を殺害する行為である実感が無かった。その為、ディーヴァ乗艦後に知り合ったシャナルアから、彼女の指導で身に付けた技能で敵機を撃墜したことを嬉しそうに報告し叱咤された。
育ちが良かったためか誰に対しても礼儀正しく、敵方であるイゼルカントの恩義(取引でもあったが)に対しては素直に礼を返していた。また、ルウと出会った時は年相応の子供らしい側面も見せている。
その素直さは、自分を良く思っていないウットビットの意図に気付かず怒らせる、スパイであるシャナルア説得の為「自分に出来る事なら何でもする」と発言する等、後述の不殺を貫く行為も含め、自身の想いを曲げない強い性格から来るものでもある。

火星圏ではヴェイガンの実情と共にイゼルカントの真の目的を知る。

火星圏から戻ってからは、ヴェイガンと倒すのではなく互いに分かり合い共存する道を模索する。ルナベース奪還作戦では敵MSの頭部を切り離し敵兵を殺さないように戦い、フラムジラードといったXラウンダーに分かり合う為に戦闘中に積極的な対話を試みているがいずれも拒絶されている。

月刊コロコロコミックでのコミカライズ『クライマックスヒーロー』ではアニメ本編よりも明るくやんちゃな性格になっており、ヴェイガンの実情を知りながらも戦争を終わらせる為に何の迷いもなくFXバーストモードを使用する

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第三部)
オリバーノーツを襲撃してきたヴェイガンに対抗すべく、フリットと共にガンダムAGE-3に乗り込んで多数のダナジンゼハート・ガレットギラーガと戦う。
ヴェイガン打倒の為にディーヴァに乗り込み、砂漠で襲ってきたファントム3を退けつつロストロウラン基地に到着するが、そこで姉のように慕っていたシャナルア・マレンが敵のスパイだった事が発覚し、脱走した彼女を追いかけるも遭遇した敵機との戦闘で自身を庇って戦死してしまい、悲しみに暮れる。
宇宙に上がると「キャプテン・アッシュ」を名乗って宇宙海賊ビシディアンの頭領となっていたアセム・アスノと再会し、EXA-DBの情報が入ったメッセージカプセルを託される。その後、ヴェイガンとの戦闘でザナルド・ベイハートによってガンダムAGE-3 オービタルが鹵獲され、自身も捕虜となる。セカンドムーンフェザール・イゼルカントの元へ連行されたキオは、そこでヴェイガンの実情を知るのだった。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
火星圏から戻り、ヴェイガンと共存の道を探すためにガンダムAGE-FXで戦いながら、敵を殺さずに無力化しフラムやジラードに戦いを止めるように呼び掛ける。ルナベース奪還後にルナベースにてフリットとアセムの口論の場に出くわして、ヴェイガンの殲滅し救世主とならんとするフリットを否定する。
ラ・グラミス攻略作戦の前にセリックに敵を殺さない戦い方をやめるように言われるが、敵も味方も救う戦い方を貫きラ・グラミス攻略作戦に出撃する。その戦闘中に火星圏で出会った少年、ディーンと再会、交戦しディーンを戦闘不能に持ち込んで、互いに分かり合うことに成功するも、その直後にザナルドによってディーンが殺される。怒りのままFXバーストモードを起動させ、明確な殺意を持ってザナルドを殺そうとするも、直前で我に返り乗機のザムドラーグを大破させるにとどめた。
その後、ディーヴァの付近で囮のフラムと交戦し、フラムの気迫で圧倒されるが、アセムとフリットに助けられる。フラムとレイルによりディグマゼノン砲の射線上にガンダムをとどめられるも、オブライトジョナサンの捨て身の援護もあってディグマゼノン砲を逃れる。
ディーヴァ撃沈後はフリットとアセムと共にゼラヴェイガンギアと交戦する。フリットがプラズマダイバーミサイルでセカンドムーンごとラ・グラミスを破壊しようとした時には、身を挺してアセムと共にフリットを説得する。フリットの説得後はラ・グラミスの結合部を破壊してセカンドムーンを救おうとする。その時にヴェイガンギア・シドと交戦し、ゼラを救出してヴェイガンギア・シドを破壊する。それから37年後にはアセムと共にブルーシアのガンダム記念博物館の前のフリットの銅像に全てが終わった事を告げた。

人間関係[編集]

家族・友人[編集]

フリット・アスノ
祖父。イゼルカントやヴェイガンを「悪」と教育し、更にはゲームと称したシミュレーターを与えて来たるべき戦いに備えさせていた。
エミリー・アスノ
祖母。
アセム・アスノ(キャプテン・アッシュ)
父。生まれてすぐに行方不明となるが、海賊となって再会する。
ロマリー・アスノ
母。キオの前ではいつも笑顔を見せていた。
ユノア・アスノ
叔母。共にディーヴァに搭乗し、キオを見守っていく。
ウェンディ・ハーツ
幼馴染。強い信頼で結ばれている。
ウットビット・ガンヘイル
当初は一方的に避けられていたが、ファントム3との戦いの中で互いに認め合っていく。

地球連邦軍[編集]

セリック・アビス
隊長。最終決戦前に不殺行為を止めるよう忠告される。
シャナルア・マレン
戦い方を教えられ、姉のように慕っていた。
ロディ・マッドーナ
ディーヴァの整備士長。AGEビルダーのオペレーターも務め、キオのMSの操縦訓練に使われていたMSバトルシミュレーターの製造にも関わっている。

ヴェイガン[編集]

フェザール・イゼルカント
倒すべき存在だが…。
ルウ・アノン
セカンドムーンで出会い交流を重ねる。
ディーン・アノン
セカンドムーンで出会う。当初は警戒されていたが、後に改善される。
ロミ・イゼルカント
キオと容姿が似ているイゼルカントの息子。イゼルカントはキオをロミの生まれ変わりだと思っているが、実際は不明。
マリー・メイス
セカンドムーンでの世話係。
フラム・ナラ
ルナベース攻防戦で交戦し、圧倒し対話を試みるが拒絶される。ラ・グラミス戦では彼女の決死の覚悟ゆえか、逆に圧倒される。
ゼハート・ガレット
オリバーノーツやロストロウランなどでで交戦し、第三部のOPなどでキオのライバルとなるかと思われたが、第四部のOPやルナベース攻防戦でキオよりも父、アセムの方をライバル視している。
ジラード・スプリガン
元連邦軍のエースパイロットでヴェイガンに寝返る。連邦とヴェイガンの両方を知る彼女に共存の呼びかけを行うも、彼女は連邦への憎しみで戦っているため拒絶される。

名台詞[編集]

第三部[編集]

「天国の父さん、戦争はまだ終わっていません…」
初登場にてクランシェが飛び交っている空を見ての台詞。この時代になってもアセムがキオ生後に呟いた「戦争のない世界」は未だに実現していなかった。
ちなみに既に軍ではアセムは死んだ事になっているが、実際はまだ天国には行っていなかった。
「シャナルアさん!やりましたよ、ファントム3の1機を倒しました!」
シャナルアに教えられた事を実戦で活かして敵機を倒して浮かれた際に発した台詞。この時はまだ戦争の実感がなった事から戦果を上げた事をシャナルアに褒めて欲しいとばかりに言ったものの、シャナルアには一喝されてしまう。

第四部[編集]

「…もうやめよう?僕達には分かり合える道があるはずなんだ。こんな事、もうやめようよ」
和平への道を信じて疑わないキオは面識のないフラムに対し、戦闘中に諭そうと問いかけるが…無論フラムには理想論だと否定され、激昂されてしまう。ジラードにも同じような事を言っていたが、同様に一蹴されてしまっている。
ちなみにゲーム版においては布教活動とまで揶揄される。
「爺ちゃんは憎しみに駆られてるだけじゃないか!そんなの救世主じゃない!そんなの絶対に違う!!
無抵抗のヴァイガンの捕虜を処刑しようとし、頑なに態度を変えないフリットに対して。初めて明確に自分の意思を伝え、フリットを否定した。
もうやめようよ!
キオを代表する台詞。作中では幾度となく敵機に語りかける。最終話ではプラズマダイバーミサイル投下を強行しようとするフリットに対して必死に問いかけ、初めて説得に成功する。
「やり方が間違っているんです……!人が人を選んで理想郷を築くなんて!」
「今だって……人は人です!」
「地球圏の人達も、火星圏の人達も、精一杯生きてるんだ!」
「火星圏の人達だって苦しんだんだ!生きる為にもがいて来たんだよ!」
「爺ちゃんはなれたんだね。皆を救える、本当の救世主に……」
ヴェイガンへの憎しみを捨て、セカンドムーンを救う為に立ちあがったフリットに対してかつて尊敬し、慕っていたフリットが戻って来た事への歓喜の言葉。
(人はこれからも生きていきます。手を取り合って)
「フリット爺ちゃん……僕たちの地球は元気になったよ」
エピローグにてフリットの銅像に父、アセムと共に報告する。偶然にもその日は天使の落日から100年目の日であった。

クライマックスヒーロー[編集]

「ボクとガンダムが、戦争にトドメを刺す」
クライマックスヒーローでの決め台詞。シャナルアの死による戦いへの決意、イゼルカントへの啖呵などの場面で、多少改変されながらもほぼ毎回使用されている。

小説版[編集]

「あなたみたいな愚かな人は、ゲームの中にだって出てこないッ! ゲームの中のボスキャラだって、もっとマジメに世界の事を、人類の事を考えてる!
イゼルカントとの対峙の際に、真意を語るイゼルカントをこう言い放ち明確に否定した。小説版のイゼルカントはアニメ版より愚かに描かれており、どことなく邪推に聞こえてしまうのは勘ぐり過ぎか。またこのように、小説版ではキオのゲーム脳ぶりが強調されている。
「そうだ! もっと怖がれ! 痛みを感じろ! 死んで行った人たちの怖さを思いながら、死んでいけーーーっっ!」
ディーンを殺害したザナルドの駆るザムドラーグをFXバーストで一方的に追い詰めた際の台詞。この台詞の直後、ウェンディの説得によって冷静を取り戻し、寸前の所でFXバーストを解除した。
台詞のオマージュが見られる小説版だが、この台詞の元ネタは言うまでもないだろう。
「それでも……それでも、あなたを殺して後悔するよりは良い! あなたが死んだ哀しみを背負った誰かと殺し合うよりは良い! あなたが僕の大事な人を傷付けに来るなら、僕は、今度こそ守ってみせるから……」
(そうだ……そうだよ……ここで僕がザナルドさんを殺したら、僕は死んで行ったセリック隊長に嘘をついてしまった事になるじゃないか……!)
ザナルドへの憎しみよりも、あくまで不殺を貫き通す道を選んだキオの決意。戦争による憎しみの連鎖を断ち切る為にも、キオは負の感情を抑え、守るべき物を優先するのであった。
余談だが、小説版のザナルドはアニメ版のような小悪党ではなく、ヴェイガンという過酷な地に生きる民の為に戦う良将である。そうでもなければ、こういう台詞にはならない。
「ダメだよじいちゃん」
「降りてください、フリット・アスノ。あなたにガンダムのパイロットたる資格はありません」

セ:カンドムーンをプラズマダイバーミサイルで破壊しようとするフリットの前に立ちはだかった際の台詞。弱きものを守る為に立ち上がる伝説の白いMSを虐殺に使う祖父は、立ち向かい、戦うべき本当の敵であった。

「それなら、じいちゃんにだってわかるはずだ!それは、あなたの理屈にも適用されることだって!殺したから殺し返す、というのは単なる復讐であって、論理付けじゃない!あなたは智恵を本能に従わせて、取り返しの付かない罪を犯そうとしている!」
「子供だから言えるんだ!子供だから言えるんだよ、じいちゃん!何度でも言う、あなたもイゼルカントも間違っている!あなた達は同じコインの表裏だ…過去の捕われ、過去を言い訳にして憎悪と悲しみだけを広げている存在だ!」
暴走するフリットを説得した際の台詞。祖父もまた、過去の苦しみを口実に悲劇を広めるイゼルカントと同類だった。
「もうやめようよ!僕たちの世代に、僕たちの次の世代に、また憎しみを広げないで!僕たち子供には、関わりのないことなんだ!だからさ!」
この台詞の直後、キオはFXバーストモードを今度こそ正しい形で始動させた。
「連邦だってヴェイガンだって死んでいいわけないんだ!命はこの世界を支えているものなんだ!」
「僕も…僕も誰かに植えつけられた言葉、爺ちゃんに植えつけられた言葉を鵜呑みにして罪を犯したから…人を殺してしまったから…!だから、君だけは救ってみせる!!」

搭乗機体・関連機体[編集]

ガンダムAGE-3 ノーマル
ガンダムAGE-3 フォートレス
ガンダムAGE-3 オービタル
第三部での搭乗機。火星圏での戦闘でキオの反応速度に付いて来れなくなった。
ガンダムAGE-FX
第四部での搭乗機。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]