ディーン・アノン

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

ディーン・アノン(Dean Anon)[編集]

ヴェイガンの本拠地のコロニー「セカンドムーン」に住んでいる少年。一人称は「俺」。妹にルウ・アノンがいる。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第三部)
キオがセカンドムーンにてひったくりに会ったところを助け、家に招いた。
当初はマーズレイの影響で長くないルウがキオと会う事を快く思っておらず、彼女が傷つかないように「二度と来ないでほしい」と頼んでいたが、ルウの説得やキオが薬を持ってくるようになった事もあり、次第にキオと打ち解けるように。
後にルウが病死した際、「ルウが最期まで笑っていられたのはキオのおかげ」と感謝し、遺品の日記を渡した。
キオが火星圏から助け出された後、妹との約束を果たすべく軍に志願している。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
ラ・グラミス攻防戦にジルスベインで出撃する。その最中にキオのガンダムAGE-FXと交戦し、機体の両腕を破壊されて戦闘不能になったところをザナルド・ベイハートザムドラーグによって機体を撃ち抜かれ戦死した。

人間関係[編集]

ルウ・アノン
妹。マーズレイの影響で長くなく、後に病死する。
キオ・アスノ
当初は警戒していたが、後に打ち解ける。
フェザール・イゼルカント
ザナルド・ベイハート
イゼルカントの側近。最終決戦直前でディーンを殺害した。
ゴドム・タイナム
小説版で邂逅。新兵同然だったディーンに男女の愛について何たるかを延々と抗議した後、彼を酒の席にまで付き合わせた。

名台詞[編集]

「キオ……。お前も戦場にいるのか?」
「ディーン・アノン、ジルスベイン 出る!」
「この俺が必ず!」
「それはいつだ!?今日か!?明日か!?1年後か!?100年後か!?」
「地球と火星の人々が戦わなく済む世界を創りたい」というキオに対する反論。
「俺さ……。」
「俺……地球で一番見晴らしの良い所に。」
「ルウの墓を作ってやりたいんだ……。周りにあいつが見たがってた花が、一面に咲誇り……見下ろすと鏡みたいな湖がずっと遠くまで広がってて……。」
「あっ、そうだキオ。よかったら、ルウの所に会いに来てくれるか?」
キオとディーンが戦いを停止した。ディーンはルウと一緒に生きていると聞こえて……。

搭乗機体・関連機体[編集]

ジルスベイン
搭乗機。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]