ザムドラーグ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

xvm-zbc ザムドラーグ(Xamdrag)[編集]

ヴェイガンが開発したモビルスーツ。カラーリングは暗青色。
ザナルド・ベイハートの専用機で通常のMSの倍近い巨体を持ち、パイロットに良く似て肥満・肉体派型が特徴。他のヴェイガン機とは異なる形状で、尾は鞭状で、構造はギラーガしかし、その巨体に似合わず高い機動力を持ち、一方で見た目通りの高い格闘能力と防御力を備えている。両足はマニピュレーターとして使用可能であり、これと両腕で捕らえられてしまえば機体のパワーとも相まってガンダムAGE-3を持ってしても脱出する事は困難となる。
従来のヴェイガン製MSと同様のスリットタイプのメインカメラを持つ他、ヴェイガン製MSでは珍しいツインアイ型のカメラも設置されている。
コクピットは頭部にあり、ザナルドの脳髄と直結する事で稼動するシステムとなっている。また頭部は分離可能で、脱出用のザムドラーグコアとなる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第三部)
パイロットはザナルド・ベイハート
ガンダム鹵獲作戦で投入され、ゼハート・ガレットの部隊と協力している。標的のガンダムAGE-3 オービタルがゼハートの側に向かったのを知ると自分の側に来たクランシェクランシェカスタムを無視し、ゼハートの所へ急行。途中でフリット・アスノガンダムAGE-1 フラットの妨害を受けるが、結果として作戦は成功し、AGE-3を鹵獲している。
火星圏での戦闘でアセム・アスノガンダムAGE-2 ダークハウンドと交戦。持ち前の防御力でアセムを苦戦させるが、こちらもダークハウンドの動きに翻弄される。その後、宇宙海賊ビシディアンの策によって戦闘は中断された為、決着はつかなかった。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
ラ・グラミス攻防戦に投入される。戦闘不能となったディーン・アノンジルスベインごとガンダムAGE-FXを攻撃してディーンを死なせ、更に彼をゴミ扱いした事でキオの逆鱗に触れ、FXバーストモードによって大破させられた。止めを刺されそうになるも、すんでのところでキオが思いとどまった為、その隙に脱出している。
機動戦士ガンダムAGE(小説版)
アニメ版と同じく、ザナルドの専用機として登場する。ラ・グラミス攻防戦の最中、キオと和解したディーンを裏切り者と断じ、乗機のジルスベイン諸共その場で処刑する。この事がキオの逆鱗に触れ、FXバーストモードで中破に追い込まれた。しかし、寸での所でウェンディがキオを止めたため、破壊されずに帰還している。
終盤でヴェイガンギア・シドが大量のシド・スレイヴを連れて現れた時には、満身創痍の状態で強引に出撃。同胞や連邦軍と共にシドの侵攻を食い止めている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

電磁装甲
装甲の表面に電磁シールドを展開して防御する。地球連邦軍MSの主力武装であるドッズライフルすらも拡散・無効化する事が出来るが、打撃を始めとする物理攻撃を受けた際の衝撃は普通に通ってしまう。また、前腕部等の一部分にしか展開できない為、使い勝手が悪いが、本機には広範囲に搭載されていると思われる。
分離
頭部のコクピットブロックが分離してザムドラーグコアになる。

武装・必殺攻撃[編集]

ビームバルカン
両手指先に5門ずつ、計10門内蔵されている(それ以外のヴェイガン機は2門内臓)。一つ一つの威力はダナジンのダナジンキャノンに匹敵している。砲撃以外にビームクローとしても使える。
ビームクロー
接近戦用の武装。ビームバルカンから発生させる。
ザムドラーグキャノン
胸部に内蔵されているビーム砲。砲撃以外にビームスパイクとしても使える。胸部の構造がデファースに似ている。
ザムドラーグテイル
打撃用の尾。構造がアンキロサウルスによく似ていて、腰背部に位置している。
劇中では敵の意表をついて股の下から攻撃したり、ガンダムAGE-3を捕獲して両腕両脚が使えない状態の時にギラーガガンダムAGE-1 フラットにぶつける等といった使われ方がされている。

対決・名場面[編集]

ガンダムAGE-3 オービタル

関連機体[編集]

ガフラン
バクト
ビームスパイクを放つ胸部が特徴。
ドラド
ゼダス
ファルシア
ゼイドラ
クロノス
デファース
胸部の形状が似ている。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]