ジルスベイン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジルスベイン
外国語表記 Jilsbain
登場作品 機動戦士ガンダムAGE
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 Xラウンダー専用モビルスーツ
型式番号 xvm-zgc
全高 20.0m
本体重量 46.7t
開発組織 ヴェイガン
所属 ヴェイガン
主なパイロット ディーン・アノン
ヴェイガン兵
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ヴェイガンXラウンダー専用モビルスーツ。少数生産されたゼイドラの同型機で、Xラウンダー部隊に配備された。

機体形状はゼイドラと特に変わりはないが、機体カラーは黒を基調としている。最大の違いはXトランスミッターを搭載していることで、新たにビット兵器の運用を可能としている。また、携行武装は専用の物に変更されている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダムAGE(第四部)
主なパイロットはディーン・アノン
ヴェイガンのXラウンダー部隊の主力機としてラ・グラミス攻防戦に数機が投入され、クランシェカスタムガンダムAGE-2 ダークハウンド等と交戦している。
ディーン機はキオ・アスノガンダムAGE-FXとの戦闘で両腕を破壊されて戦闘不能になり、その後ザムドラーグに乗るザナルド・ベイハートから用済みと見なされてガンダム諸共に攻撃されて撃破されている。
機動戦士ガンダムAGE(小説版)
原作と同じく、ディーン・アノンの駆る本機がキオのガンダムAGE-FXと交戦している。その後、ディーン機は後から駆け付けたザナルド・ベイハートから裏切り者と断ぜられ、交戦した末にその場で処刑された。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

電磁装甲
装甲の表面に電磁シールドを展開して防御する。地球連邦軍MSの主力武装であるドッズライフルすらも拡散・無効化する事が出来るが、打撃を始めとする物理攻撃を受けた際の衝撃は普通に通ってしまう。また、前腕部等の一部分にしか展開できない為、使い勝手が悪い。
Xトランスミッター
ビットの制御を補助する脳波コントロールシステム。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

ビームバルカン
掌に1門ずつ、計2門内蔵されている小型ビーム砲。ヴェイガン系MSの標準装備。
ビームサーベル
ビームバルカンの砲門から発振される接近戦用の斬撃武装。
ジルスベインガン
ゼイドラガンに似た携行式ビームライフル。速射機能が強化されており、ビームサーベルの発振も可能。
ジルスベインソード
腰背部に尻尾のようにマウントされている実体剣。ゼダスソードゼイドラソード等と同様、ビームサーベル以上の斬撃力を誇る。
ビームバスター
胸部に1門内蔵されている高出力ビーム砲。その破壊力は標準的なビームライフルを超える。
ジルスベインビット
本機で新たに追加された誘導兵器。劇中では使用されなかった為、どのような物なのかは不明だが、ギラーガビットレギルスビットのような小型のビームの球体を多数放出するタイプと思われる。元となっているゼイドラにビットコンテナがないため、レギルス同様外付けのコンテナを装備していると考えられなくもない。ゲーム版においてはそれらしき武装を使用するものの、放出箇所は確認できない。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

ガンダムAGE-FX

関連機体[編集 | ソースを編集]

ゼイドラ
ベース機。
クロノス
ゼイドラの姉妹機。

資料リンク[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]