ガンダムAGE-3 オービタル

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

AGE-3O ガンダムAGE-3 オービタル(Gundam AGE-3 Orbital)[編集]

地球連邦軍の戦闘用モビルスーツ
ガンダムAGE-3の宇宙戦仕様で、Gウェア「Gバイパー」に換装している。
宇宙空間での高機動戦闘に特化しており、高出力のメインスラスターやブースターによる高い加速性能を持つ。各所にもスラスターが増設され、制動性も向上して小回りの利く機体となった。ちなみに高機動戦闘時には両足首が折り畳まれ、爪先立ちの状態となる。
地上での運用も不可能ではないが、宇宙で運用する事により性能を最大限に発揮できる。
主に長距離からの支援攻撃や高い機動性を活かした接近戦等で本領を発揮するのだが、白兵戦は不得手であり、単機で相手を圧倒する戦い方よりも味方機との連携を意識しての戦い方が重要となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第三部)
パイロットはキオ・アスノ
多数のダナジンを撃破し、ゼハート・ガレットギラーガとも互角に戦うが、そこにザナルド・ベイハートザムドラーグも現れた事で2対1の戦闘を強いられて苦戦。救援に来たフリット・アスノガンダムAGE-1 フラットのおかげで一度は撤退するものの、フリットがそのまま戦闘を続行する事を知って反転。その結果、ザムドラーグの攻撃で左腕を失った上に鹵獲されてしまった。
その後、機体はセカンドムーンへと運び込まれて解析され、ガンダムレギルスの開発に役立てられた。キオがセカンドムーンから脱出した際にはフェザール・イゼルカントガンダムレギルスと交戦し、残っていた左肩と右腕、両脚を破壊されて動けなくなってしまう。最後はコアファイターが分離してGセプターと換装し、Gバイパーは爆散した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

AGEシステム
自己成長型のコンピュータシステム。蓄積した戦闘データから戦局に合った新装備を自動工廠「AGEビルダー」で製造する。
合体
コアファイターとGバイパーが合体してMS形態になる。
分離
コアファイターとGバイパーに分離可能。回避等の手段としても使える。
換装
Gウェアを換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

シグマシスロングキャノン
本機の主兵装。ノーマルのシグマシスライフルやフォートレスのシグマシスキャノンと比べて威力は低下しているが、高い連射性を持っている。発射されるビームは小型の鏃のような形をしている。また、光波推進システムにより生み出される疑似斥力フィールドのよる電磁干渉によりビームの弾道を湾曲させる事が可能でXラウンダーの高い先読み能力を照準補正に活かすべく追加された機能である。
ビームサーベル
シールドに1本ずつ、計2本マウントしている。ノーマルと同じ物であり、取り出し方も一緒。こちらもマウントしたままビームを発振して使用する事が可能。
ショートシールド
両前腕部に装着されている小型の実体盾。シールドではあるが、AGE-1よりも小型化されたAGE-2のシールドよりも小型化されている為、防御面積は非常に小さい。その為、シールドと言うよりもビームサーベルを装備するラックや腕部の装甲に近い。また、右腕の物はシグマシスロングライフルを持っている時にはシグマシスロングライフルと腕の間にシールドがある為使用できない。
ワイヤー
ダナジンの腕部に内蔵されていた物。相手の鹵獲等に使用される。射出後は先端部が網のように展開される。
キオはこれを使ってダナジン1機の動きを止め、その間に撃破している。
格闘
素手で殴りつけたり、蹴りを食らわせる等して敵機を攻撃する。
セカンドムーン脱出時に取り押さえようとしてきたバクトガフラン等を退けた。

対決・名場面[編集]

ギラーガザムドラーグ

関連機体[編集]

ガンダムAGE-3 ノーマル
ガンダムAGE-3 フォートレス
ガンダムAGE-2 ノーマル
ガンダムAGE-1 ノーマル
ディーヴァ
ガンダムレギルス
鹵獲された時に解析されたデータを使用して開発されている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

完成品[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]