レガンナー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
レガンナー
外国語表記 Reganner
登場作品 機動戦士ガンダムAGE
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 砲撃用量産型モビルスーツ
型式番号 ovm-lce
全高 38.5m
重量 1205.0t
開発組織 ヴェイガン
所属 ヴェイガン
主なパイロット ヴェイガン兵
テンプレートを表示

概要 [編集]

ヴェイガンが開発した量産型モビルスーツ

デファースの制式採用型であり、キャノン砲を2門追加して火力を高めている。背部にもジェネレーターが二基が追加された。その更に強化された火力を活かした砲撃支援を得意としており、ダナジンやドラドの後方支援を行う事が多い。またデファースで問題となっていた宇宙での運動性も改善されたようで、宇宙でも特に問題なく運用できるようになった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第三部)
第29話 (キオ編第1話)で初登場。ヴェイガンの一斉蜂起やロストロウラン攻防戦の際に多数が投入された。作中ではキオから「ガンナータイプ」と呼称されている。
ちなみにその高い火力故に迂闊に地上で破壊すれば大爆発を起こして周辺に甚大な被害を及ぼす為、キオガンダムAGE-3 ノーマルオリバーノーツでの戦闘時には本機を空中に持ち上げた上で破壊している。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
ルナベースラ・グラミスに配備され、砲撃を行っている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

電磁装甲
装甲の表面に電磁シールドを展開して防御する。地球連邦軍MSの主力武装であるドッズライフルすらも拡散・無効化する事が出来るが、打撃を始めとする物理攻撃を受けた際の衝撃は普通に通ってしまう。

武装・必殺攻撃[編集]

ビームバルカン
掌に1門ずつ、計2門内蔵されている。
ビームサーベル
接近戦用の武装。ビームバルカンから発生させる。
ビームキャノン
機体の後部に1門、両肩に1門ずつ、計3門を装備している。前者は尻尾の形状をしている。
レガンナーキャノン
腹部に1門内蔵された高出力ビーム砲。拡散ビームを発射できる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

デファース
試作機。

余談[編集]

  • 初期案では4脚型の機体としてデザインされており、バクトと共通のデザインを持つなど決定稿とは大幅にデザインが異なっている。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]