ロディ・マッドーナ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

ロディ・マッドーナ(Rody Madorna)[編集]

ムクレド・マッドーナララパーリー・マッドーナの長男。マッドーナ工房の2代目として両親を手伝う好青年。

仕事柄アスノ家とも付き合いが長く、とりわけ偉大な父を持つアセムに対しては共感的な態度で接している。
技術者としての腕は父には及ばないと言いつつも、モビルスーツのコクピットを流用した新型戦闘シミュレーションを手掛ける程の手腕を持つ。

一人称は「僕」。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第二部)
マッドーナ工房の二代目。同じように偉大な父を持つアセムにアドバイスを送る。
機動戦士ガンダムAGE(第三部)
武者修行の為に連邦軍に入隊している。一兵卒から独力でディーヴァの整備士長に上りつめて後、AGEシステム担当技師となった。オリバーノーツでディーヴァが出港した時にフリットの意図を見抜いてAGEビルダーを起動し、ディーヴァの整備士長をしながらAGEシステムのオペレーターも任されている。キオのMS操縦の訓練に使われていたMSバトルシュミレーターの制作にも関わっている。しかし、マッドーナ工房から家出同然の為、母親のララパーリーを恐れてマッドーナ工房には帰っておらず、ディーヴァがマッドーナ工房を訪れた際にはララパーリーに締めあげられていた。だが、フリットにディーヴァには欠かせない腕の良い整備士だと言われて一応は許された。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
引き続きディーヴァに乗艦している。また、AGE-3の戦闘データからAGE-FXへの改修に関わる。

人間関係[編集]

第二部[編集]

ムクレド・マッドーナ
父。一代で工房を大きくしている為、尊敬している。
ララパーリー・マッドーナ
母。第三部では半ば勘当されて恐れている。
フリット・アスノ
父の代からの知人。
アセム・アスノ
偉大な父を持つ者同士共感する。第三部では、生きていたことに安堵の症状をする。

第三部[編集]

キオ・アスノ
自分の制作に関わったシミュレーターでMSの操縦を覚え、自分がオペレーターをしているAGEシステムを搭載したガンダムのパイロット。
ウットビット・ガンヘイル
部下でロディの事を尊敬している。

名台詞[編集]

「僕はロディ・マッドーナ。」

搭乗機体・関連機体[編集]

ガンダムAGE-3 ノーマル
AGEシステムに新武装「ブラスティアキャノン」を製造させた。
ガンダムAGE-3 フォートレス
ガンダムAGE-3 オービタル
ガンダムAGE-FX

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]