ララパーリー・マッドーナ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ララパーリー・マッドーナ(Laraparly Madorna)[編集]

マッドーナ工房の工房長ムクレド・マッドーナの妻。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第一部)
エミリーに対して大人の恋愛を説く。
機動戦士ガンダムAGE(第二部)
引き続きムクレドの妻でロディの母として登場する。既に50を超えているが、未だに美貌は衰えてはいない。
機動戦士ガンダムAGE(第三部)
亡き夫に代わり、マッドーナ工房を仕切っている。家出同然に工房を飛び出したロディを勘当していたが、ディーヴァがマッドーナ工房を訪れた際はロディを締めあげたが、フリットがディーヴァには欠かせない技術者だと言った為、一応は許した。

人間関係[編集]

ムクレド・マッドーナ
夫。
ロディ・マッドーナ
息子。
フリット・アスノ
エミリー・アモンド
大人の恋愛を説く。
ウルフ・エニアクル
ウルフがレーダー時代から工房の顔なじみ

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

マッドーナ・ファクトリーシップ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]