2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ロマリー・ストーン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロマリー・ストーン(Romary Stone)[編集]

  • 登場作品:機動戦士ガンダムAGE
  • 声優:花澤香菜
  • 性別:女
  • 年齢:17歳→18歳→19歳(第二部)→22歳(ドラマCD、第二部28話)→29歳(第三部29話)→41歳(第四部)
  • 身長:159cm(第二部)
  • 所属:民間人→地球連邦軍⇒民間人
  • 役職・称号など:オペレーター
  • 主な搭乗艦:ディーヴァ

機動戦士ガンダムAGE」第二部のヒロイン。

アセムの通う高校のアイドル的な存在。

ヴェイガンのトルディア襲撃の際に足を挫いて動けないところをアセムに助けられ、アセムがガンダムAGE-1を起動させるところに立ちあう。それがきっかけでアセムと秘密を共有し合う事で親密になり、MSクラブに出入りする事になる。また、その過程でゼハートとも仲良くなる。

卒業後は進学する予定で一時的に家に残る事にしていたが、卒業式の日にアセムとゼハートの戦闘に遭遇し、ゼハートがゼダスRのコックピットに立つ姿を目撃する。
その後、地球連邦軍に入隊してディーヴァのオペレーターとなった。

アセムがゼハートを敵と割り切ろうとする一方、ロマリーは割り切る事が出来ず、ソロンシティではアセムの銃口から身を挺してゼハートをかばうなどしている。
ノートラム防衛戦後はアセムに学生気分のまま軍人になった事や自分の理想像をアセムとゼハートに押し付けていた事をを告白・謝罪し、軍を退役してトルディアに戻った。

アセムとは後に恋仲となり、A.G.145年に結婚。A.G.151年に長男のキオを産む。

前述のように第二部のヒロインであるが、戦闘が激化する内に出番も減り、最終的にアセムと結ばれる可能性が高い一方でゼハートに恋愛感情を抱いているともとらえられる発言もあって、視聴者からは不評であった。

小説版ではモビルスーツクラブに所属し、オペレーターを担当。ガンダムを初めて操縦したアセムのオペレーターを行った功績から、AGEシステムのオペレーターに任命された。アセムやゼハートとの学校での交流描写もより描かれ、身勝手な行動をとるアセムを諭したこともあった。

キオ曰く「いつも笑顔でいて、怒ったところを見せたことはない」らしい。

父親が軍の将校と言う事もありMOEではアセムとは幼馴染となっている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第二部)
ヒロインとして登場。劇中ではアセムと共にディーヴァに乗艦する。
機動戦士ガンダムAGE(第三部)
結婚した為、「ロマリー・アスノ」に。キオの母親となっている。キオの主産直後に登場したが、それ以降はエミリーと共に無事に避難した事が描写されたのみであった。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
火星圏から帰還したキオと共に夫のアセムと再会する。

人間関係[編集]

アセム・アスノ
同級生。後に彼の妻となる。MOEでは幼馴染
キオ・アスノ
息子。
フリット・アスノ
第二部では上官。第三部以降は義父。
エミリー・アスノ
義母。
ユノア・アスノ
義理の妹。軍人時代から連絡を取り合っていた。
アセムとの結婚前から親しい事もあり「ロマリーさん」と呼ばれている。
ゼハート・ガレット
高校時代の同級生。親友であるアセムと敵味方に分かれて戦う姿をずっと見守り続けている。
ミレース・アロイ
上官。
イリシャ・ムライ
ウィルナ・ジャニスティ
先輩クルー。
シャーウィー・ベルトン
マシル・ボイド
同級生。アセムやゼハートと同じMSクラブのメンバー。
シャーウィーはロマリーに好意を寄せていて、アセムとロマリーの結婚式前日までロマリーの写真を持っていた。
アリーサ・ガンヘイル
原作ではほとんど関わる事はなかったが、小説版では恋敵として対抗心を持たれていた。
バルガス・ダイソン
TV版では余り面識がなかったと思われるがMOEではアセムと幼馴染である為、面識を持っており彼女も「バルガス」と呼んでいる。

名台詞[編集]

「……いいなあ」
アセムから戦場でゼハートに出会ったと聞いて呟いた言葉。このせいでアセムは、ロマリーがゼハートに好意を寄せていると思い込む。
ちなみにMSクラブでも同様の発言をしていて、好きなことで一生懸命になったり、お互いの頑張りを褒め合ったりできる男の子っていいなあ、という意味であった。
「でも…今は戦争なのよ…」
民間人に被害が及びうる命令に従えず逃げ出したアセムに対する説得。フリットも自分もゼハートも、皆悲しみを耐えて戦っているのだと諭す。
しかし、ゼハートと直接対峙した際にはロマリー自身も割り切ることができず、ゼハートをかばうこととなった。

搭乗機体・関連機体[編集]

ディーヴァ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]