ミレース・アロイ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミレース・アロイ(Millais Alloy)[編集]

  • 登場作品:機動戦士ガンダムAGE
  • 声優:嶋村侑
  • 種族・性別:人間・女
  • 年齢:24歳(第一部)→50歳(第二部)
  • 身長:158cm(第二部)
  • 所属:地球連邦軍
  • 階級:中尉(第一部)→中佐(第二部)
  • 役職・称号など:ディーヴァ艦内システム統括官(第一部)→ディーヴァ艦長(第二部)
  • 主な搭乗艦:ディーヴァ

地球連邦軍に所属する軍人。アリンストン基地からディーヴァとガンダムに関わり続けた女性で、第一部では艦内システム統括官で実質的な副長、第二部では艦長を務める。
第二部では口元の皺など、加齢による容姿の変化が見られる。艦内では艦長として毅然とふるまうが、ウルフやフリットなどと言った第一部からの戦友には情緒深い面も見せ、ウルフが戦死した際には涙も見せている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第一部)
連邦軍のアリンストン基地の司令官補佐。ノーラのUE襲撃時には基地司令のブルーザーと共に基地に残ろうとするも、ブルーザーの嘘によってディーヴァに乗艦し、艦内システム統括官となる。その後もディーヴァのクルーとしてアンバット陥落まで戦い抜く。最後は彼女の軍への批判的なレポートと共に幕を下ろしている。
機動戦士ガンダムAGE(第二部)
ディーヴァの艦長。ディーヴァの艦長としてガンダムを運用しながらノートラム防衛戦まで戦い抜く。その後、アセムとロマリーの結婚式にも参列している。

人間関係[編集]

第一部[編集]

フリット・アスノ
アリンストン基地からの知人。第1部では同行者であったが、第二部では彼の指揮下に入る。
グルーデック・エイノア
上官。ディーヴァ乗艦後に補佐官となる。
エミリー・アモンド
ウルフ・エニアクル
フリット、ディケと並んで第一部からの馴染みの1人。「ミーちゃん」という渾名をつけられる。第二部では共にディーヴァの一員となり、ノートラム攻防戦まで戦い抜いた。
第一部では当初は馴れ馴れしい態度をうっとおしがっていたが、次第に好意を持っているのか迷いを打ち明けたり出撃前に声をかけている。第二部に至るまでに仲が進展したかは不明。
ヘンドリック・ブルーザー
アリンストン基地の司令官。ノーラ襲撃の際に基地に残りブルーザーの手伝いをしようとしていたミレースを指揮官専用の脱出口があると嘘をついて逃がす。

第二部[編集]

アセム・アスノ
優秀ではあるが戦闘中に命令無視を行う、帰還後に部屋に閉じこもる、待機中に持ち場を離れて艦からいなくなる、押収した敵軍の物を独断で持ち出すと言った問題行動の多い部下。
ロマリー・ストーン
フレデリック・アルグレアス

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

ディーヴァ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]