フレデリック・アルグレアス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

フレデリック・アルグレアス(Frederick Algreus)[編集]

地球連邦軍ビッグリング基地参謀を務める青年士官。陽気な性格をしている。
フリット・アスノの副官で、彼の右腕として厚く信頼されている。また、スライスレインズ士官学校を首席で卒業した優秀な逸材でもあり、フリット出撃時には基地の指揮も一任されている。若くしてフリットの右腕にで登りつめた事もあり、優秀な指揮官ではあるが指揮官としての能力はフリットには劣り、三部以降も退役したフリットをあてにすることが多い。三部、四部では現場の指揮官よりもフリットの指示を優先させたり、ロストロウランに入港した時はフリットの搭乗機であったガンダムAGE-1 フラットをディーヴァに配備させたり、ルナベース奪還作戦の作戦会議にフリットを同席、プラズマダイバーミサイルの使用許可を出すなど、フリットに便宜を図っている。また、フリットは常に正しい判断を行うと盲目的にフリットを信奉している面も持っている。
ただ、第二部の時点でヴェイガンに対してのフリットの強硬姿勢を謎と言っていたり第三部以降でもあまりにも過激なヴェイガンに対するフリットの言動に頭を抱えたり、時には反論する描写もあるので、軍人しての最低限の良識は持っておりフリットの完全な言いなりというわけでもないようである。それでもラ・グラミス終盤ではヴェイガンのMSに対しても通信が行えるようにフリットが指示する前に準備を整えておくなど、フリットの良き理解者でもあった。

二部ではビッグリング防衛戦の時には戦力で劣る事に対して戦術家としての腕の見せ所だと戦闘をゲームのように捉えてフリットに注意される場面も(尤も本人もゲームではないと自覚しているが、それ故に燃えるとも言っている)。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第二部)
ビッグリング攻防戦では途中で出撃したフリットに代わって全軍の指揮を執り、敵艦を沈める等の活躍を見せた。
その後、フリットの指示でアマデウスに乗ってヴェイガンの動向を探り、敵がノートラムに侵攻している事を突き止めている。ノートラム攻防戦でディーヴァに移乗するとそこでフリットの補佐や作戦の指揮等を執った。
それから1年後、ブルーシアでの慰霊式典においてフロイ・オルフェノアの妻を拘束した。それ以降もフリットの指示の下、ヴェイガンに繋がっていた人物達の逮捕・拘束を行っていたと思われる。
機動戦士ガンダムAGE(第三部)
退役したフリットから引き継ぐ形で総司令官に就任。今でも彼を「司令」と呼んで信望しており、退役しているにもかかわらず最大限の便宜を図っている(そのせいで現場の指揮官の判断以上にフリットの判断を信用している為、軍内部でフリットを快く思わない者も多い)。
ビッグリング基地が壊滅した際はロストロウラン基地に滞在していた為、難を逃れている。ロストロウラン攻防戦でも全軍の指揮を執っていた。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
ヴェイガンに制圧されたルナベースの奪還作戦の指揮を執る為、アマデウスに乗艦している。その後、ラ・グラミス攻略作戦の攻略の為に予備役だったフリットを現役に復帰させて総指揮を任せる。その後、アマデウスにてラ・グラミス攻防戦に参加し、フリットの補佐をしている。

人間関係[編集]

フリット・アスノ
上官。互いに厚い信頼関係で結ばれている。
イリシャ・ムライ
ウィルナ・ジャニスティ
ノートラム攻防戦前にディーヴァに移乗した際、「近くで見ると意外とイケてる」と評された。

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

アマデウス
ノートラム攻防戦前に乗艦していた。
ルナベース奪還作戦でも再び乗艦している。
ディーヴァ
ノートラム攻防戦時にアマデウスから移乗しており、ここで作戦指揮等を行っていた。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]