フラム・ナラ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

フラム・ナラ(Fram Nara)[編集]

ゼハート・ガレット率いる地球侵攻軍の一員となった女性。かつてゼハートを庇って命を落としたドール・フロストの妹で、自身も兄と同じXラウンダーである。戦闘経験は浅いが、ファルシアの発展機であるフォーンファルシアを駆る。

ゼハートの元に来た当初はゼハートの事を見定めていた頃は表面上でしかゼハートに忠誠を誓ってはいなかったが、ゼハートについて行くと決めた後からは態度が一変し、ゼハートの為なら死ぬ事も厭わないようになっている。

ゼハートに対しては恋愛感情を持っている描写があるが、ラ・グラミス攻防戦ではゼハートに大切な部下だと言われて本人はそれでも良いと思っている。

何故、兄のドールとファミリーネームが違うのかはゼハートに気づかれない為か、別の理由があるのかは不明。

MOEではゼハートがコールドスリープから目覚めた時からの部下でゼハートの下に付いた時にドールの妹であると言いゼハートに兄が命を賭して守る価値があるのかを見極めると宣言しており、ザナルドからゼハートを監視するように言われていた描写はない。

また、最後にはゼハートとのキスシーンも追加されている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムAGE(第三部)
ザナルド・ベイハートの命を受けてゼハートの側近として配属される。当初、戦死した兄が今際の際にゼハートを庇った事に疑問を抱いていて、彼が部下を道具としてしか見ない人物なら命をも奪う覚悟で近づいた。しかし幾多もの戦闘の中で彼の本質を知り、ルナベース以降は本心からついていく事を決めた(ちなみにゼハートには最初から気づかれていたらしい)。
機動戦士ガンダムAGE(第四部)
ルナベース基地奪還作戦の開始と共に、自らフォーンファルシアを駆ってキオガンダムAGE-FXに挑む。その際、キオから停戦を呼び掛けられるがフラムやジラードはそれを詭弁と捉えて苛烈な攻撃を仕掛けていた。後に基地は奪還され、傷ついたギラーガを庇いながら兵士達と共に撤退した。
ラ・グラミス攻防戦ではゼハートと共にキオのガンダムAGE-FXを追い詰めるもザナルドの反乱で仕留める事は出来ずにゼハートを撤退させる。その後、ゼハートにガンダムとディーヴァの近くに誘いだす様に指示を受ける。その指示の意味を理解しつつ、ガンダムAGE-FXをディーヴァの付近まで誘い圧倒するが、アセムの妨害を受ける。その後、ジョナサンのクランシェを撃墜し、オブライトのジェノアスOカスタムと相打ちになり、ラ・グラミスのディグマゼノン砲を受けて戦死する。

人間関係[編集]

ゼハート・ガレット
直属の上官。当初はドールが命を賭して守る価値がある男なのか試していたが、次第に彼を認め、最終的には信奉する。
ドール・フロスト
兄。彼の遺志を受け継いでゼハートのもとに着いた。
レイル・ライト
同僚。
ジラード・スプリガン
ゼハートを信奉しヴェイガンの未来の為に戦うフラムと婚約者の死によって未来を奪われたジラードとでは決定的に馬が合わなかった。
キオ・アスノ
戦闘中に圧倒され戦いを止めるように呼び掛けられるも拒絶する。
ザナルド・ベイハート
本来の上官。ゼハートの監視を命じられるがゼハートを信奉する事になる。
アローン・シモンズ
ルナベースの元司令官。自分の保身の為だけに脱出してヴェイガンと合流しようとするが、それを是としないフラムの手で粛清された。
フリット・アスノ
ルナベース攻防戦で果敢に挑むも「気合が実力に伴っていない」と言われてしまう。

名台詞[編集]

(お兄様…今なら貴方の気持ちが理解出来ます……!)
「あなたのような汚らわしい者をゼハート様の艦に乗せるわけにはいかない」
シモンズを粛清した時の台詞。

「このっっ…ザコがあああっ!」 第48話、オブライトに向かって。これを言いながらジェノアスOカスタムの胸部を貫いた。ただ、この後相討ちとなる。

「あんなに優しい人だったゼハート様が……エデンは、あの人の全て……この戦いが終われば、ゼハート様は、優しいゼハート様に戻る」
ゼハートに間接的に死んで来いと命じられた時のセリフ。だが、その優しいゼハートは戦いが終わった後ではなく、死の直前にアセムによって戻された。
「私は貴方の元で戦えたことを誇りに思います。ゼハート様……エデンをどうかその手に」
最後のセリフ。この言葉が皮肉にもゼハートを完全に後戻り出来なくさせてしまった。

搭乗機体・関連機体[編集]

フォーンファルシア
ファ・ザード

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]