ボール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボール
外国語表記 Ball
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
愛称
  • ボールさん (小説版1st)
  • ミスター・ボール (同上)
俗称 アジアのスイカ (MS IGLOO)
分類 支援用量産型モビルポッド
型式番号 RB-79
VX-76 (小説版1st)
全高 12.8m
本体重量 17.2t
全備重量 49.0t
主動力 燃料電池
ジェネレーター出力 400kW
スラスター総推力 24,000kg
装甲材質 チタン合金(設計上はルナ・チタニウム合金
センサー有効半径 4,000m
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

地球連邦軍の量産型MS・ジムの支援用として作業用ポッドにガンタンクのキャノン砲を取り付ける形で開発された戦闘用ポッド[1]

なお、開発理由には諸説あり、ジオンに比べMS開発に大きく遅れを取り、量産と配備が一向に進まない事に業を煮やした連邦軍の窮余の策として開発された、とも言われる。

一般的なモビルスーツモビルアーマーとは異なり熱核融合炉ではなく燃料電池で駆動するため、推進剤の燃焼温度が低い(=加速力が弱い)、アームを俊敏に動かすほど出力が高くない(=AMBACができず運動性が低い)、稼働時間の制約が強い、といった弱点があるが、融合炉の冷却が不要なので運用設備が小規模で済む、戦闘機では不可能な後退もできるという利点もある。それでも戦闘力、特に防御力と運動性が非常に貧弱な事から、別名「動く棺桶」、あるいは「丸い棺桶」と呼ばれており[2]、MSとの戦では一方的に撃破される事が多い。

ジムと同じく集団戦を想定しており、長距離射撃によってジムを支援することが基本的な運用とされるほか、本来の用途である作業目的にも活用されている[3]。それに加え元々過酷な宇宙環境での作業を目的としていたこともあってか、センサー類に関してはザクはおろかジム以上、場合によってはガンキャノン並の性能があるとされる。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム
初出作品。第35話から登場するが、他の連邦軍機と同様に専らのやられ役である。しかも当時からある設定に反し長距離支援せずにジムと一緒に行動する描写が殆ど。とはいえ物量作戦の一翼を担って勝利に貢献したのは確かである。
機動戦士ガンダム (小説版)
PART 9から登場。「ボールさん (ミスター・ボール)」というあだ名がつけられている他、マニピュレーターにビーム・ライフルを保持している。
GUNDAM EVOLVE
「EVOLVE../11」にカトキ版デザインが登場。主人公のヒデンが所属するボール部隊が終戦後のア・バオア・クー内部で索敵任務についていたが、突如謎の敵から攻撃を受ける。味方機が攻撃される中、残されたヒデン機は敵の正体であるザクIIを発見。辛うじて撃破に成功している。
機動戦士ガンダム MS IGLOO
やられ役なのは相変わらずだが、『一年戦争秘録』第3話では、シャークマウスのノーズアートが施されたオハイオ小隊の機体が登場する他、地球から脱出したものの地上用のため無重力下ではまともに動けない陸戦型ザクIIを一方的に痛めつける等、それまでのイメージとは異なる「強いボール」が描かれる。
なお、ヨーツンヘイムの識別表にフィフティーンキャリバー装備機がK型として表示されているが[4]、同兵装の機体が作中設定でK型なのか、はたまたジオン側でK型として登録されているだけなのかは不明。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN
役割は『1st』とほぼ同じ。
機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還
機雷散布ポッドタイプの護衛として登場するが、モビルスーツ相手には気休めにもならなかった。
ガンダムビルドファイターズ
第3話で本機のガンプラをレイジが操縦。ガンプラバーの常連のガンプラをアーム一本で軽く打ちのめした。その後、逆上した常連5人を一度に相手にしたため追い込まれるが、フェリーニの加勢により助けられる。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

180mm低反動キャノン
本機の主武装。ガンタンクから流用した物[5]を機体上部に1門搭載している。なお、口径は180mmだけでなく120mmや90mmと、資料によってバラつきが生じている。『1st』作中ではドムを一撃で破壊している他、開発経緯を考えれば射程は長いと思われる。なお、『小説版1st』ではハイパー・バズーカと呼称されている。
連装フィフティーンキャリバー
連射可能なキャノン砲または機関砲。『MS IGLOO 黙示録0079』や『THE ORIGIN』に登場した一部の機体が装備。

その他 [編集 | ソースを編集]

格闘
格闘戦用の装備は搭載されていないため、『MS IGLOO 黙示録0079』第2話など敵機に接近された際に回転しながらの体当たりやアームによる打撃を行った事例も確認できる。Gジェネシリーズなどゲーム作品では体当たりなどが実装されているが、映像作品では逆に蹴り飛ばされたり投げつけられたりと敵に武器として扱われる事がしばしば。
ビーム・ライフル
『小説版1st』でアームに装備。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079 [編集 | ソースを編集]

オッゴ

関連機体[編集 | ソースを編集]

別デザイン [編集 | ソースを編集]

ボール (サンダーボルト版)
サンダーボルト』の世界観における本機。アームにマシンガン、機体下部にスキッドが追加されている。

系列機・派生機 [編集 | ソースを編集]

ボールK型
先行量産機。
ボールF型
装甲と機動性を強化した機体。
ボールG型
キャノン砲をクレーンアームに換装した作業用の機体。
ボールM型
機雷散布ポッドを装備した機体。
フィッシュアイ / 水中型ボール / フロッグ・ボール
水中用に改修された機体。
スペースポッド
本機のベースとなった作業用ポッド。
ボール改
0083』に登場。本機の改良型。
133式ボール
キャノン砲を3門に増やしたボール。
Bガンダム
ガンダムフェイス風の増加装甲を取り付けたボール。

その他 [編集 | ソースを編集]

シャア専用ボール
シャア用にカスタマイズされたギャグ機体。
ポリポッドボール
ガンダムビルドダイバーズ GIMM&BALL’S WOULD CHALLENGE』に登場する本機ベースのガンプラ。4脚が追加され、全領域に対応可能となっている。
キャノン・ボール
ボールとガリクソンを合わせた機体。
NT試験用ジム・ジャグラー
本機をベースとする攻撃ユニットを搭載した機体。
ドータップ
機動新世紀ガンダムX』の機体で当機をモチーフにしている。劇中では第七次宇宙戦争の回想シーンでしか登場していない。
ドータップ水中型
ドータップの水中型。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガンプラ[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 一般的には本機は「モビルポッド」とされるが、これは駆逐モビルポッド「オッゴ」の登場により普及した分類であり、ゲーム等では「モビルアーマー」に、プラモデルの解説書では「戦闘ポッドであり、簡易型MS」と表記される。
  2. 勿論全く無力というわけではなく、『MS IGLOO』では護衛のMSを伴わない輸送艦やHLV、まともな挙動ができない陸戦仕様のザクIIにとっては大きな脅威となる様子が描かれている。
  3. 『0083』でソーラ・システムII展開作業を行っている機体など。
  4. 『黙示録0079』第2話、マイ中尉が6機のボールを確認するシーン
  5. 現在ではガンタンクの主砲は180mmではなく120mmと設定されているため矛盾が生じている。