2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

キャノン・ボール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
キャノン・ボール
外国語表記 Cannon Ball
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
デザイナー 長谷川裕一
中村孝志(原案)
テンプレートを表示
スペック
分類 ミキシングビルドモビルスーツ
主動力 熱核融合炉
開発組織 サイド1
所属 サイド1
主なパイロット サイド1住民
テンプレートを表示

概要[編集]

ボールガリクソンを組み合わせて開発されたミキシングビルドモビルスーツ。ボールは地球連邦軍によって大量に生産されており、ガリクソンはザンスカール戦争後期に各コロニーに派遣されていたため数が多く、ミキシングビルド機でありながら大量に製造されている。

ボールとガリクソンは大量にあったが、この2種を合体させると地上と宇宙のどちらでも運用できる代わりに、どちらの環境でも片方はデッドウェイトになってしまうことが分かっていた。だが、安定したジェネレーターは少なく、それぞれ別にエンジンを用意することは難しかった。そのため動かない機体を抱えるよりは良いということで2機を合体させて1基のエンジンで稼働させることにして製造された。ボール側とガリクソン側にはそれぞれパイロットが必要。機体上部と両側の武装は機体ごとに異なっている。上記の通り単騎での性能には期待できないが、大量に製造されているため、ハイローミックス戦術では大きな戦力となる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

低反動キャノン砲
機体上部に装備されるボールの標準装備であるキャノン砲。
フィフティーン・キャリバー
機体上部に装備される2連装のキャノン砲。
175mm無反動砲
マゼラトップから流用した武装。翼に当たるパーツが取り外されている。
ガトリング砲
機体両側に装備される機関砲。銃身数は3連装のものと5連装のものがある。上部に装備されるタイプもある。
ミサイルランチャー
機体上部に装備されるミサイルランチャー。
スプレーミサイルランチャー
機体両側に装備されるミサイルランチャー。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ボールガリクソン
ベースとなった機体。
マゼラトップ
一部の機体が主砲として装備している。
133式ボール
連邦軍で最後に確認されたボール。

商品情報[編集]

リンク[編集]