133式ボール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
133式ボール
外国語表記 Model 133 Ball
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム
テンプレートを表示
スペック
分類 支援用量産型モビルポッド
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
主なパイロット 連邦兵
テンプレートを表示

概要[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場したボールのバリエーション機体。

宇宙世紀0133年に地球連邦軍量産型ガンダムF91と共に配備されていた機体で、一年戦争のボールと比べてキャノン砲が3連装になっているのが特徴。性能は元の機体と大差無いが、依然、低コストの機体であり、パイロットの訓練も容易だったことから、数合わせを目的に配備されていたとされている。

なお、以上の設定はPS用ソフト『SDガンダム GGENERATION-F』で新規に設定された物である。

しかし、幾ら数合わせが目的とはいえ、小型モビルスーツが主力の時代に、なぜ戦闘力が皆無に近いボールを改良し、生産・配備したのか。その理由についての真相は不明である(単に作者がお遊びで登場させたのかもしれない)。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
量産型ガンダムF91と共に登場。特にこれといった戦闘シーンは無く、機体設定も無い。
SDガンダム GGENERATIONシリーズ
『F』で登場。「133式ボール」の名称および機体設定が新規に設定された。

装備・機能[編集]

※下記の武器名は『SDガンダム GGENERATION-F』で設定された物。

武装・必殺攻撃[編集]

3連装キャノン
元のボールのキャノン砲を3基並べて3連装にした極めてシンプルな武装。
30mmバルカン砲
機体に2門内蔵されているバルカン砲。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ボール
従来のボール。

商品情報[編集]

リンク[編集]